骨董品や陶磁器、アンティークなお品、様々買取できるお品があります。

骨董品や陶磁器の用語

【藍九谷】

染付の九谷焼の意味であるが、実際は有田焼諸窯の初期から中期にかけての染付を誤認して呼んだものである。

【会津絵】

会津の伝統的漆器のこと。黒地に色漆で菊や松竹梅を描き、金箔蒔絵を施したものが代表的である。梅花などは盛り上げるように描かれて絵に立体感を見せるのが特徴の一つである。天明五年(一七八五年)より会津藩の大胆な藩政改革を行った家老職田中玄宰の殖産興業のもとで藩外への輸出品として盛んに生産されるようになった。人気を博した会津絵も大正時代に生産が途絶えたが、当地の老舗漆器店「鈴木利兵衛」の鈴木幹子さんの努力によって昭和六十年代に生産・販売が復活した。

【青金】

金と銀の合金。 銀の含有量が増えるにつれて青緑色、さらに銀白色になる。工芸品や装飾品に用いる。

【青粒】

大正期に流行した九谷焼絵付の一種。緑色のエナメルの上に暗緑色のエナメルを密集した点で盛り上げ文様とする装飾手法。

【お預け徳利】

茶懐石において、その中程で大振りの徳利が出され、亭主はしばらく席をはずす。その徳利のことで、茶事からきた呼称であるが、今では大振りの徳利をいう一般語となった。

【暗款 あっかん】

陶磁器の釉下の素地に彫られた銘や押印のことで、沈み印ともいう。

【在手盃】

端反りの盃のことで、手に持ったときその端反りの部文が手を圧する感じがすることからこの名がある。押手盃ともいう。

【後絵付 あとえつけ】

第一義には本窯で焼成したものに更に絵付を施し、もう一度錦窯で焼成したものをいい、上絵付と同義である。第二義として本来素文であったものに後世絵付を施し再焼成したものや、スレて不鮮明になった文様の上にもう一度絵付を行って再焼成したものをいう。

【甘手 あまで】

窯の温度が上がらず、焼成が不十分で素地が焼締っていなかったり、釉が十分溶融しなかったりした磁器をいう。表面は光沢がなく、やや不透明な上がりになり、染付などの文様はぼけて見える。生焼 け、火前などともいう。

【尼焼】

楽焼の初代長次郎の没後、尼になった妻が自ら陶器を作ったとされることから、陶業を営む家で、当主の没後にその妻が作った焼物を尼焼という。

【阿米也焼 あめややき】

楽焼の初代長次郎の父で、中国(一説に朝鮮)からの渡来人といわれる阿米也(飴也・阿米夜)の作とされる陶器。

【菖蒲手 あやめで】

陶工加藤唐九郎の命名による黄瀬戸の一種。釉下に線刻で菖蒲の文様を描き、その部分に銅緑色と褐色の彩釉で斑文を出して色彩効果を出す。釉調が油揚のような肌を呈することから油揚手とも呼ばれる。

【新物 あらもの】

陶磁器など古いものに似せて作った最近作のことをいう。

【アールデコ= art déco】

1920~1930年代にかけて盛行した美術工芸様式。それまでのアールヌーボー様式に代わり、簡潔さと合理性を目指したもので、幾何学的な線とパターン化された模様が特徴である。
フランスに起こったアールデコはヨーロッパだけでなくアメリカ、日本にも影響を及ぼした。ニューヨークの摩天楼、家具・インテリアのマッキントッシュ、チャールズ・レニー、
フランク・ロイド・レニー、工芸のティファニー、ルネ・ラリック)、わが国の陶磁器のオールドノリタケなどの作品が有名である。

【アールヌーボー】

十九世紀末から二十世紀初頭、ベルギー、フランスに起こった建築・工芸の新様式。その後ドイツ、オーストリア、スペインに波及した。花・樹木・鳥・昆虫などをモチーフにした自由曲線的装飾が特徴である。建築のガウディ、ガラス工芸のエミール・ガレやドーム兄弟、ルイス・C.ティファニーなどが代表的である。第一次世界大戦を境にアール デコへと移行した。

【暗花 あんか】

陶磁器の素地の表面に細く浅い線で文様を描き、その上から釉を掛けたもの。表面は平滑であるが、その中に文様が沈んで見える。高麗青磁の碗や瓶などにその典型的なものがある。

【アンギン】

イラクサやカラムシなどの草皮、シナなどの樹皮の繊維をや筵を編むのと同様の技法で編んだ布、いわゆる綱ぎぬのことである。縄文布は縄文土器の圧痕や付着していた布の残欠からアンギンであることが判明している。

【アンダーソン土器= Anderson】

アンダーソン土器= Anderson
中国新石器時代の仰韶文化(紀元前4500~紀元前2500)の彩陶のこと。スウェーデンの地質学者J・G・Andersonが1921年河南省灑池県仰韶村で初めて発掘し、西アジアの彩文土器との交流を発表して有名になりこの名がついた。巷間、アンダーソン土器と称されている彩陶土器は河南省の仰韶文化の彩陶土器と時代 が少し下る甘粛省の馬家窯文化の彩陶土器の両者を一緒にしてそう呼んでいるようであるが、厳密には両者の間には器形と文様にかなりの違いがある。

【アンティーク= antique (仏)】

本来はギリシャ・ローマ時代の古典美術を表現する言葉であるが、転じて古美術・骨董・古物の意味にもなった。日本では特に西洋骨董全般を指していう。骨董屋、古道具屋はアンティケール= antiquaire(仏)である。

【石皿 いしざら】

瀬戸・美濃で江戸時代に大量に焼かれた煮しめ皿。陶土は半磁器質で鉄砂や呉須で大津絵風の粗画が描かれている。下手の陶器の中でも人気があり、コレクターも多い。時代が古く、絵柄もめずらしい皿が喜ばれる。

【石盃 いしはい】

磁器製の盃のこと。

【石もの】

カオリンを原料として作る磁器のこと。石焼ともいい、土物に対比する。

【イズニク陶器= Iznik pottery】

トルコ北西部の町イズニク(現ニカエア)で十五世紀から十七世紀にかけて生産された陶器。初期の製品は粗末なものであったが、十六世紀に至り多色着彩の技術を開発して中国製品の代用的地位を越える優品を生産した。

製品は胎土の表面を白土で化粧し、下絵を彩色した上に透明釉を掛けて焼成する。様式化された植物や花の模様が特徴である。イズニク陶器についてはまだ不明の部分があり、古い文献に十五世紀の初期、クタイヤの地でも同種の陶器が製作されたという記録がある。また、1860年に古美術界に持ち込まれた大量の作品の由来である。これはオスマン帝国のスルタンの宮殿が新宮殿に移った際に旧宮殿の宝物庫から使われなくなったものが流出したとする説がある。しかし、これも確証が無い。イズニク窯はタイル(イズニクタイル)の生産地としても有名であったが、十八世紀以降生産は次第に衰退した。

【イスパノモレスク (陶器) = Hispano-Moresque pottery】

スペインがイスラム治下の時代にバレンシアで作られたラスター彩陶器の一種。ラスター彩陶器の技法は十二世紀頃エジプトからやってきた陶器職人によってムーア人の居住するムルシアやマラガに伝えられ、十四世紀に入ってバレンシアにもたらされたと考えられている。イスパノモレスク陶器は王家や貴族、豪商などからの紋章入りの特注品から一般庶民の食器にいたるまで作られ、近隣諸国にも輸出された。イスパノモレスク陶器はその後スペイン陶芸の源となったが、特にルネサンス期のイタリア陶芸の芸術性を高める要因になったともいわれる。

【出雲焼】

江戸時代、出雲(現:松江市)で焼かれた陶器。布志名焼(ふじなやき)と楽山焼(ぎょうざんやき)とを総称していう。

【糸切】

轆轤成形した陶磁器の素体を轆轤から切離するのに撚糸(藁みごや馬の尾の毛などを用いることもある)で引切ること、またこの痕をいう。通常日本では轆轤を右回転させて切離し、その痕を右糸切(本糸切・順糸切)というが、中国では左回転させて、その痕を左糸切(逆糸切・唐物糸切)という。特に茶人には大切な見所の一つである。

【稲刷毛目 いなはけめ】

李朝刷毛目の器のうち、特に濃い刷毛目のものをいう。どうして稲というかは不明である。

【今出来 いまでき】

最近作られたもの。新物(笑)と同じ。

【伊万里焼 いまりやき】

江戸時代に佐賀県有田町で焼かれた磁器の総称。古伊万里、または単に伊万里ともいう。製品の多くが伊万里の港から出荷されたため古くからこの名がある。文禄・慶長の役に際して朝鮮から連れてこられた陶工李参平が有田町泉山に白磁鉱を発見、1616年わが国最初の磁器が作られたという。近現代の作品は時代を区別して有田焼という。

【入底 いれぞこ】

壺・瓶・碗などで胴と底部を別々に作り、底を後から嵌込んだものをいう。 通常底は畳付より中に入り込んでいる。

【色絵 いろえ】

焼物で赤を主調とし、緑・紫・黄・藍など多彩な色釉で上絵付を施したもの。赤絵ともいう。

【イングリッシュ・デルフト= English Delft】

英国ブリストルやリバプール地方で焼かれた錫釉陶器。十七世紀オランダから移住した陶工によって始められ、本場デルフトに取って代わるまでになった。藍釉と色絵が中心である。

【印判手 いんばんで】

江戸時代後期、美濃で始められたという同じ模様の器を量産するための染付技法による陶磁器。絵柄を切り抜いた型を素地に載せ、上から絵具を塗り付ける型絵といわれる捺染法や、判を使って直接素地に押絵するいわゆるコンニャク判などがある。明治時代に入り、銅版転写の技術が開発され、この銅版絵付が印判の主流となった。印判技法は食器類以外の便器のオマルや火鉢など大型陶器製品にも利用された。

【ウィローパターン=willow pattern】

橋のたもとに柳のある図柄で、楼閣や舟を配したものなどもある。本歌は中国。日本でも美濃や有田で作られたが、十八世紀に英国でこの図柄が陶磁器の染付文様として流行
やなぎえでした。柳絵手とも呼ばれた。

【VOC】

オランダの東インド会社の略号。1602年に設立され、東アジアの植民地支配と貿易に従事した。伊万里の染付磁器に見られるこのマーク入りの皿や瓶は同会社からの注文品であったと思われる。

【内禿 うちはげ】

陶磁器の内側が半分位、または内底が無釉となっている状態をいう。茶道具の筒茶碗・香炉・火入などに見られるが、意識的に土肌を見せて趣を出す意図である。

【うに】

信楽の土に亜炭などの有機物を含んだ粘土があり、この有機物を指してウニあるいは木ぐされと呼んでいる。焼成の際それらは燃えてしまい、その部分は空洞や窪みとなるが、この部分を抜けと呼んでいる。

【馬の目皿 うまのめざら】

江戸時代瀬戸で焼かれた直径20~35センチ位の下手の大皿や鉢で、淡白色の釉上に鉄釉で渦巻文様を描いた。その渦巻文様が馬の目に似ているということからこの名がついた。民芸運動の中でも取り上げられて注目されるようになった。

【海揚がり うみあがり】

昭和初期、岡山県宇野港の沖合にある直島の北側から引き揚げられた桃山時代の備前焼(徳利・擂鉢・水甕・皿など)や1977年朝鮮半島の新安郡木浦市沖の海底で、中国元時代の沈没船一艘が発見され、一万点以上の青磁や青白磁が引き揚げられたことは有名である。また、鎌倉市の海岸には南宋から元代にかけての中国陶磁器の破片が大量に遺されており、今でもときどき拾い揚げられることがある。

【上絵付 うわえつけ】

素地に白土で化粧を施し、その上に透明釉を掛けて一度焼き、その後絵具で文様を描き、八百度ぐらいの中温で再度焼き上げる技法。釉上彩ともいう。

【雲助徳利 うんすけとっくり】

九州、山陽地方で作られた江戸時代の下手物徳利。主に雲助(駕籠かき)が焼酎徳利として使ったのでこの名がついた。単に雲助(くもすけ)ということもある。

【永仁の壷】

1959年、「永仁二年」の銘をもつ瓶子が鎌倉時代の古瀬戸として国の重要文化財に指定されたが、後に陶芸家加藤唐九郎による贋作と判明した事件、しかし、この贋作事件は本当の作者やその動機など不明の部分を残したまま終結した。

【御庭焼 おにわやき】

江戸時代、諸藩の大名が自ら作陶したり、藩用の器を得るために藩庭内などに設けた(御用窯)で作らせた焼物。単に庭焼ともお楽しみ窯などともいう。

【お歯黒壺 おはぐろつぼ】


江戸時代婦人の化粧として歯を黒く染めることが流行したが、その液体鉄奨(鉄を酸化させた液)を入れた小形の壺のこと。後世花生に転用されて珍重された。

【御室焼 おむろやき】

京都仁和寺の門前で野々村仁清が正保(1644~48)頃開窯して作った焼物。 色絵技法の完成もあり、京焼を代表する窯となったが、元禄(1688~1704)の頃、 二代で廃窯となった。仁清焼ともいう。

【織部焼 おりべやき】

桃山時代の武将で利久門下の茶人でもあった古田織部の好みで作らせたといわれている美濃焼の茶陶。同種の志野焼を含めていう場合もある。彩釉や文様・形状の違いによって、黒織部・織部黒・赤織部・青織部・鳴海織部・総織部・志野織部などと区別して呼ぶ。

【蓋雪 がいせつ】

陶磁器で紅色釉を全面に施し、模様のところだけを白く残してそこがあたかも陰刻文のように見えるものをいう。

【梅花皮 かいらぎ】

釉を厚く掛け過ぎたり、焼成不足のために釉が十分熔け切らず、魚のカイラギの背面中央部の皮肌状に縮れたものをいう。カイラギはアカエイに似た魚で、南シナ海、南洋諸島、インド洋などで獲れるが、硬い粒状凸起の皮があり、刀の柄や鞘の表面に用いられる。俗に蝶鮫の皮と伝えられたのは誤り。茶碗などの腰周りや高台の周りなど、火回りが不十分になりがちな部位に生じやすく、陶芸の技術面からすれば一つの欠陥という見方がある反面、茶人などはこれを一つの見所として賞美する。朝鮮系の井戸茶碗ではこの梅花皮は約束事とされているため、現代陶芸においても意図的に梅花皮を現わそうとする場合がある。日本の唐津系や美濃系の焼物にも散見される。

【蛙目 がいろめ】

瀬戸地方の方言で蛙のことである。粘土の中に半透明の石英質の小粒石(珪石)が混在し、これが水に濡れると蛙の眼球のように光って見えるのを蛙目といい、そういう陶土を蛙目粘土という。青蛙目、白蛙目、黒蛙目などがある。

【火炎土器 かえんどき】

口縁部が燃え上る炎を表す立体的装飾の土器。縄文時代中期の土器で、新潟県を中心に秋田・山形・福島県で出土する。

【カオリン=kaolin】

白陶土。鉱物のカオリナイト= kaolinite を主成分とする白色の粘土で、高級な磁器や耐火材の主原料である。可塑性が低いので実際には蛙目粘土を適量配合して成形しやすくして使う。また、釉薬の原料としても用いられる。高陵土、高嶺土ともいう。中国江西省景徳鎮付近の高嶺に産出したことからこの名がある。

【鏡 かがみ】

茶碗の見込の中央部分が円形に落窪んでいる部分をいう。鏡落ともいって高麗茶碗に多い。その部分に釉が溜まって鏡のように光って見えることから出た言葉であろう。

【数物 かずもの】

大量に作った粗製品。下等品。一定の数で一揃いになっているもの。

骨董品の高価買取ができる一例

 

掛軸

墨跡・巻物・画帖・屏風・書画・版画・浮世絵・巻物・古文書・古地図・和綴じ本

絵画

日本画・洋画・中国絵画・ 版画・リトグラフ・近現代作家・現代アート・画集・額

茶道具

茶碗・茶杓・釜・茶入・花入・水指・棗・炭道具・風炉釡・懐石道具・華道具・灰道具・香道具・稽古道具・蒔絵

煎茶道具

急須・鉄瓶・銀瓶・茶櫃・涼炉・仙媒・茶合・提藍・器局

書道具

(硯・筆・墨・印材)

古陶磁器

日本・中国・朝鮮の陶芸品・花瓶・壷・九谷焼

西洋骨董

ブロンズ像・オブジェ

中国美術・朝鮮美術

犀角・朱泥急須・茶壷・茶托・香炉・香合・香木・古硯・古墨・堆朱・花台・倶利・螺鈿・七宝焼・古銅・銅器・錫

レトロアンティーク

蓄音機・オルゴール・真空管ラジオ・トランジスタラジオ

コレクターズアイテム

ステレオ・アンプ・スピーカー・昔の時計・腕時計・掛け時計・懐中時計・昔のカメラ・蛇腹・二眼・フィルムカメラ・古銭・金貨・メダル・切手・鉄道グッズ・レトロなおもちゃ・ソフビ・超合金

鑑賞石・置物

赤珊瑚、天然石・珊瑚・翡翠・菊花石・孔雀石

西洋アンティーク

ペルシャ絨毯・懐中時計・アンティーク時計 ・マイセン・ウェッジウッドなどの洋食器

美術工芸品・工芸作家

伝統工芸品・作家作品・ガラス製品・薩摩切子・江戸切子・ギヤマン

武具

日本刀・鎧・兜・甲冑・鍔・武具類・軍刀・勲章・軍服・薙刀・短刀・火縄銃・勲章

仏教美術・仏像・彫刻

仏画・根付・法具・宗教本

古民具

中国家具・唐木家具・船箪笥・水屋箪笥・紫檀・黒檀・花梨・火鉢・銅器

銀製品

純銀・盃・メダル・茶道具・酒器・食器

ブランド腕時計・アンティーク時計

置時計・大名時計・掛け時計・柱時計・掛け時計・枕時計

和楽器

三味線・琴・尺八・琵琶・太鼓・笛・笙・和太鼓

該当の固定ページはありません。
掛け軸買取|掛け軸の価格相場と実績

状態にシミやヤケがないことや、共箱等の付属品の有無が査定額アップのポイントです。
仏画、肉筆浮世絵、山水画、花鳥画、墨蹟、古筆、色紙、短冊、画賛、消息など掛け軸の高額買取はお任せください。

Read more
重要無形文化財一覧

重要無形文化財(人間国宝)の作家作品を買取いたします。陶芸、染織、漆芸、金工、金工(刀剣)、人形、木竹工、諸工芸、和紙があり、その作品は高く評価されております。

Read more
中国美術品の買取|中国骨董品の価格相場と実績

中国作家の掛け軸、中国の陶磁器、中国の切手や古銭の買取をいたします。

Read more
仏教美術の買取|仏教美術の価格相場と実績

「仏像・仏画・曼荼羅・仏教彫刻など仏教美術を買取をいたします。保存や売却をお考えの際はお気軽にご相談下さい。」

Read more
陶磁器の買取|お皿や焼き物の価格相場と実績

当店では「作家」「市場価格」のご説明をきちんとさせていただきます。ホコリが被っている骨董品は一見なんの価値も無いように見える物でも高価買取ができる物があります。

Read more
絵画の買取|絵画の価格相場と実績

油画、水彩画、版画、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチング、木版画、パステル、ガッシュ、コラージュを買取いたします

Read more
刀剣や武具の買取は三冬花にお任せください

刀の買取相場と刀の専門用語をご説明いたします。 【赤羽刀】 第二次世界大戦後、連合軍総司令部(GHQ)に武器として接収され、後日本に返還された刀剣類のことであるが、赤羽にあった旧日本陸軍の倉庫に集められたのでこの名がある […]

Read more
茶道具の買取|茶道具の価格相場と実績

【買取例】茶碗、水指、茶釜、風炉、火鉢、茶器(棗)、薄茶器、茶入、茶壺、香合、香炉、茶托、宝瓶、湯沸し、湯さまし、煎茶急須、煎茶盆、煎茶碗、急須台、巾筒、茶合・仙ばい、茶具褥 涼炉 、火炉、羽箒、火箸、ボーフラ、瓶敷、洗瓶など

Read more
彫刻作品の価格相場と実績

『彫刻作品の買取はお任せください。きちんとしっかり査定いたします。』 彫刻や人形の専門用語 【市松人形】 江戸時代の泥人形で、腹の中に笛が仕込んである。京都の市松人形が上手のもので、着せ替えができる衣装も立派である。もと […]

Read more
鉄瓶・銀瓶の価格相場と実績

「鉄瓶・銀瓶の買取をいたします。保存や売却をお考えの際はお気軽にご相談下さい。」

Read more
菊花石・鑑賞石の価格相場と実績

菊花石・菊寿石・赤石・翡翠・孔雀石・寿山石など買取ます。

Read more
日本画、浮世絵の買取

日本画の買取、査定、鑑定いたします。日本画の高価買取はお任せください。名古屋・愛知・岐阜・三重・滋賀はすぐにお伺いいたします。

Read more
高級オルゴールの買取

「有名オルゴールの査定買取をいたします。保存や売却をお考えの際はお気軽にご相談下さい。」

Read more

名古屋市骨董品買取地域

中村区/北区/瑞穂区/港区/中区/東区/千種区/名東区/天白区/熱田区/南区/緑区/西区/昭和区/中川区/守山区

愛知県骨董品買取地域

一宮市/瀬戸市/春日井市/江南市/小牧市/稲沢市/岩倉市/豊明市/日進市/北名古屋市/長久手市/東郷町/大口町/扶桑町/津島市/弥富市/あま市/大治町/飛鳥村/半田市/常滑市/大府市/知多市/阿久比町/南知多市/美浜町/武豊町/碧南市/刈谷市/豊田市/西尾市/知立市/高浜市/幸田町/豊橋市/豊川市/新城市/田原市/設楽町/犬山市/尾張旭市/清須市/豊山町/愛西市/蟹江町/東海市/東浦市/岡崎市/安城市/みよし市/蒲郡市/東栄町

岐阜県骨董品買取地域

岐阜市/羽島市/各務原市/山県市/瑞穂市/本巣市/岐南町/笠松町/北方町/大垣市/海津市/養老町/垂井町/関ケ原町/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/関市/美濃市/美濃加茂市/可児市/郡上市/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/御嵩町/多治見市/中津川市/瑞浪市/恵那市/土岐市/高山市/飛騨市/下呂市

三重県骨董品買取地域

桑名市/いなべ市/木曽岬町/四日市市/菰野町/朝日町/鈴鹿市/亀山市/津市/多気町/明和町/大台町/鳥羽市/志摩市/玉城町/大紀町/南伊勢町/伊賀市/尾鷲市/紀北市/熊野市/東員町/川越町/松坂市/伊勢市/度会町/名張市/御浜市/紀宝町

滋賀県骨董品買取地域

彦根市/甲良町/多賀町/豊郷町/愛荘町/東近江市/日野町/甲賀市/竜王町/大津市/草津市/栗東市/湖南市/守山市/野洲市/近江八幡市/高島市/長浜市/米原市

静岡県骨董品買取地域

静岡市内全域(駿河区、葵区、清水区、東区、中区、南区、北区、西区、天竜区、浜北区)/熱海市/沼津市/富士宮市/伊東市/三島市/富士市/島田市/焼津市/掛川市/磐田市/御殿場市/藤枝市/袋井市/裾野市/湖西市/下田市/御前崎市/牧之原市/伊豆市/伊豆の国市/菊川市