臨済宗 白隠慧鶴(白隠禅師)の買い取り査定いたします。

白隠慧鶴

臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧。
諡は神機独妙禅師、正宗国師。
「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とまで謳われた。
現在も、臨済宗十四派は全て白隠を中興としているため、彼の著した「坐禅和讃」を坐禅の折に読誦する。
現在、墓は原の松蔭寺にあって、県指定史跡となり、
彼の描いた禅画も多数保存されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です