岐阜市のお客様よりブラジリエの版画を買い取りました。

三冬花では、岐阜市のお客様から絵画を買い取った例のように、美術品や骨董品を公正に適切な価格で買い取ります。お客様の品物の歴史的・芸術的価値をしっかり評価して、満足できる価格を提供します。品物の価値は、その背景や希少性など様々な要素で決まります。三冬花はこれらを考慮して丁寧に査定します。出張費は無料で、お客様の指定場所で査定し、手間や負担を軽減します。美術品や骨董品を売りたいと思ったら、ぜひ三冬花にご相談ください。信頼と透明性を大切にして、品物に新たな価値を見出します。

ブラジリエ リトグラフ 花を持つ女性買取相場 ¥5,000円~10,000円

アンドレ・ブラジリエの版画作品は、その独特な図柄と表現力で高く評価されており、作品によって査定額が大きく異なります。版画でなくこれはブラジリエの作品が持つ多様性と芸術的価値を反映しています。また、版画作品ではなく直筆の一点ものの作品や、ブラジリエのキャリアの中で特に重要な時期に制作された作品は、美術市場においても高い評価を受けています。

版画と肉筆の違い

版画作品とは

版画は、木版、銅版、リトグラフなどの版を用いて複数の同一の作品を制作する技法です。版にデザインを彫り込み、インクを塗って紙や布などの素材に転写することで複製します。版画制作には、版の製作、インクの選択、印刷の工程など、特定の技術が要求されます。

肉筆作品とは

肉筆作品は、画家が直接キャンバスや紙などの素材に絵の具を用いて描く一点ものの作品です。筆やパレットナイフなどの道具を使用し、画家の直接的な手法によって制作されます。肉筆作品は、その一点ものである性質から、版画と比較してより高額になる場合がございます。

ブラジリエの略歴(Andre Brasilier)

生まれは1929年、フランスのソーミュールで画家の両親のもとに生まれる。幼少期はメーニエ=ル=ヴィコントのマッセ館で過ごし、地元の学校で教育を受けた。1949年にパリのエコール・デ・ボーザールに入学し、数年後にはフロレンス・ブリュメンタル賞とローマ賞絵画部門のグランプリを受賞。1950年代から1980年代にかけて、フランスやニューヨーク、東京など世界各地で展覧会を開催し、多くの賞を受賞。その作品は音楽、馬術教官、自然など多岐にわたるテーマを扱い、リトグラフ、タペストリー、陶器、モザイク画など様々な形で表現された。プロヴァンスでのモザイク画制作、マルセル・プルーストの作品を題材とした作品制作など、特筆すべきプロジェクトも手掛けた。彼の業績は多数の回顧展で称えられ、アカデミー・フランセーズ会員による序文付きの出版物や、リトグラフ集、画集なども出版された。

絵画をはじめ、骨董品や美術品の買取は三冬花にお任せください。

絵画をはじめ、骨董品や美術品の買取はお任せください。「三冬花」は、骨董品についても、磁器、陶磁器、古美術品、装飾品、古文書、和洋の家具、さらには希少価値の高いコレクションアイテムまで、多岐にわたる品目の買取を承っています。美術品の買取では、彫刻、版画、写真作品、現代アートのオブジェなど、様々なジャンルのアートワークに対する深い理解と専門知識を持って対応します。

買取プロセスにおいても、お客様のプライバシーを重視し、柔軟に対応します。ご自宅までの出張査定や、オンラインを通じた査定も可能で、お客様のニーズに合わせたサービスを提供しています。また、査定から買取までの全プロセスを通じて、透明性と誠実さを大切にし、お客様に安心してご利用いただけるよう心がけています。

三冬花は、絵画、骨董品、美術品の買取において、お客様が大切にされてきたアイテムを適正価格で買い取り、新たな価値を見出すことを使命としています。美術品の売却をお考えの方は、経験豊富な専門家がいる三冬花にぜひお任せください。

ブラジリエの買取に関するQ&A

ブラジリエの作品を売りたい場合、どのような種類の作品が買取対象になりますか?

ブラジリエの買取対象となる作品には、肉筆の絵画、版画、リトグラフ、エッチング、水彩画、ドローイングなど、多岐にわたるジャンルがあります。彼の制作した彫刻や陶器など、他のメディアで作られたアートワークも買取の対象になることがあります。作品の状態や希少性、市場での需要が買取価格に影響します。

ブラジリエの作品の買取価格はどのように決まりますか?

買取価格は、作品の種類、サイズ、作成年、作品の状態、市場での需要、希少性、プロヴェナンス(作品の由来や歴史)、作家のサインの有無など、多くの要素に基づいて決定されます。また、現在のアート市場のトレンドや、同じ作家の他の作品の売買価格も考慮されます。

ブラジリエの作品を買取に出す際の準備は何が必要ですか?

作品の状態を良好に保ち、可能であれば作品のプロヴェナンスを示す文書(購入証明、以前の所有者からの手紙、展覧会のカタログなど)を用意してください。また、作品が額装されている場合は、額の状態も評価の対象になり得るため、綺麗にしておくことが重要です。

買取プロセスはどのように進みますか?

通常、買取プロセスは以下のステップで進みます:

初期の査定:オンラインや電話で作品の情報を提供し、初期の見積もりを受け取ります。
実物査定:店舗への持ち込み、または出張査定サービスを利用して実物の作品を査定してもらいます。
買取提案:専門家による詳細な査定後、買取価格が提案されます。
契約と支払い:買取価格に同意した後、契約を結び、作品を引き渡し、支払いを受け取ります。

作品の本物かどうかを確認する方法はありますか?

作品の真贋を確認するには、ブラジリエの作品に精通した専門家や鑑定士に相談するのが最も確実です。彼らは作品の技法、素材、サイン、プロヴェナンスなどを詳細に調査し、本物であるかどうかを判断します。また、ブラジリエの作品に関するカタログ・レゾネや公式記録も参考になります。

投稿者プロフィール

三冬花 谷崎未来
三冬花 谷崎未来
東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。骨董品、掛け軸、美術品の査定買取は三冬花にお任せください。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様はお気軽にお問い合わせください。出張料、査定料など一切無料です。(※内容によってはお伺いができない場合もございます)
三冬花では価値ある美術品や骨董品を次世代へ橋渡しをする仕事をしております。