一宮市の掛け軸の買取は三冬花にお任せください。

一宮市で掛け軸の買取をお考えなら三冬花へご連絡ください。当店が皆様の大切な掛け軸を丁寧に査定いたします。
三冬花は岐阜市で長年にわたり掛け軸の買取を行っており、一宮市のお客様からも多くのご依頼を頂いております。日本の伝統美を大切にする私たちが、お客様の掛け軸を一点一点、専門的知識を持つ店主自らが丁寧に査定します。古い掛け軸から最近の作品まで、幅広い掛け軸をお買取りしております。

一宮市の買取地域

相生/赤見/浅野/朝日/浅井町/江森/あずら/一色町/石山町/泉/一宮乾町/今伊勢町馬寄/印田通/牛野通/大赤見/大江/大毛/大浜/大宮/奥町/小栗町/起/音羽/小原町/開明/篭屋/上祖父江/神山/苅安賀/川田町/観音寺/観音町/神戸町/木曽川町/北今/北浦町/北小渕/北方町北方/北神明町/北園通

お手持ちの掛け軸を高価買取いたします

掛け軸の価値は、その歴史、作者、保存状態によって大きく異なります。三冬花では、これらすべての要素を考慮した上で、適正な価格をご提案いたします。もし買取後の流れや、価格に関してご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ご自宅での出張買取も承ります

一宮市内であれば、出張費は無料です。お忙しい方や、大量の掛け軸をお持ちの方でも、ご自宅にいながら簡単に買取サービスをご利用いただけます。事前にお電話またはメールでご予約ください。お見積もりや買取に関するご相談は無料です。皆様の大切な掛け軸を、三冬花が誠実に評価いたします。

掛け軸を売るなら三冬花| 愛知県名古屋市、岐阜県、三重県で迅速対応

三冬花は、歴史ある中山道沿いに位置し、これまで様々な掛け軸の査定買取を手掛けてきました。お持ちの掛け軸の真の価値を知りたい、または売却をご検討の方は、ぜひ当店へお持ちください。作者が不明であっても、安心してご相談ください。長年、蔵や倉庫に保管されていた掛け軸も、蔵の整理を含めて、当店で責任を持って対応いたします。

愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県、滋賀県でしたら三冬花の鑑定士が直接査定いたします

当店の鑑定士は東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様には経験豊富な鑑定士が直接査定させていただきます。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

掛け軸の買取相場

掛け軸は、日本の伝統的な美術品として長い歴史を持ち、その種類と価値は非常に多様です。三冬花では、愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県で掛け軸の買取をいたします。ここでは、掛け軸の種類とそれぞれの価値を深く掘り下げ、お持ちの掛け軸がどのような価値を持つ可能性があるかをご紹介します。

掛け軸の買取作家 ≫

文人画家(南画家)

彭城百川池大雅与謝蕪村浦上玉堂
青木木米田能村竹田谷文晁渡辺崋山
椿椿山岡本秋暉山本梅逸祇園南海
野呂介石桑山玉洲柳沢淇園青木夙夜
池玉瀾浦上春琴浦上秋琴熊坂適山
僧霞山貫名海屋日根対山野口小蘋
中林竹洞中林竹渓呉春紀梅亭
高橋草坪帆足杏雨野口幽谷奥原晴湖
松林桂月鈴木芙蓉春木南湖田崎草雲
小室翠雲荒木寛畝田能村直入高島北海
山岡米華鈴木百年羽様西崕富岡鉄斎

【土佐光起 とさみつおき】  元和三年~元禄四年(一松)
土佐光則の子。承応三年(一六五四)に左近将監となって絵所預に就き、宮廷の絵所を再興。江戸時代に土佐派の伝統的画風を復興した。南宋の画家、李安忠に倣った鶏図を得意とした。

【彭城百川 さかきひゃくせん】 元禄十年~宝暦三年

江戸時代中期の文人画家。名古屋の薬種商に生ま れる。姓は榊原、名は真淵、字は百川。蓬洲、八他堂などの号がある。初め俳諧を学んだが、後中国の文人画の研究に励み、法橋に叙せられた。元、明 画風の作品だけでなく、俳画風のものもあって、初期の南画家に共通する多様な画風をみせる。中国画家の略伝である『元明画人考』を著した。代表作に 「京都 近江名所図巻」 や陶原家障壁画(一七五一)が ある。

【柳沢淇園 やなぎさわきえん】 宝永元年~宝暦八年

江戸時代中期の文人画家。柳沢家の家老曾根家の二男に生まれ、柳沢の姓を許された。名は里恭、字は公美。淇園は号で、柳里恭とも呼ばれた。画は狩野派や、長崎派の英元章に学び、綿密な写生画を多く描く。祇園南海(一六七六~一七五一)、彭城百川とともに南画の先駆者とされ、池大雅の師としても有名である。著書に随筆『ひとりね』や『雲津雑誌』がある。指墨による竹を得意とし、ほかに「西湖図」 (東京芸術大学蔵)などがある。

【池大雅 いけのたいが】 享保八年~安永五年

江戸時代中期の文人画家。京都の銀座役人の家に生まれる。池野氏で、幼名は又次郎、のち勤、字は公級、賞。大雅堂、霞機などと号す。幼くして父を失い、扇屋を業とした。初め土佐光芳に学んだと伝えられるが、南画に向かい、柳沢淇園や祇園南海に教えを受ける。日本各地を旅行して実景を写し、障壁画の伝統的手法を取り入れて独自の様式を作り上げ、日本的南画を大成した。障壁画から画巻まであらゆる画面形式をとり、技法の点でも指頭画、たらし込み、金碧画など多彩である。画面に表された空間は明るい広がりをみせ、その中に山水や人物がのびのびと描かれている。

【与謝蕪村 よさぶそん】 享保元年~天明三年

江戸時代中期の画家、俳人。摂津の人。本姓は谷口、のち与謝と改める。名は信章、寅、字は春。蕪村は俳号で、画号は四明、朝などを用い、晩年は謝寅と号した。二十歳ころには江戸に出て、俳詣の早野巴人(宋阿)、詩文の服部南郭に教えを受けた。画は独学のようで、若いころから描いていたが、独自性をみせるのは五十歳に近くなってからである。みずみずしい色彩の南宗画的なもの、格調高く迫力のある水墨画、そして軽妙な俳画と独得な画風をみせ、池大雅とともに日本南画の大成者と称される。代表作に「竹林茅屋・柳喬帰路図」屏風、「新緑杜宇図」「峨帽露頂図巻」「奥の細道図巻」がある。

【木村兼葭堂 きむらけんかどう】 元文元年~享和二年

江戸時代中期の好事家。大坂の人。名は孔恭、字は世粛。通称を坪井屋多吉郎、のち吉右衛門と改めた。号を異斎、書斎を兼葭堂と称した。酒造業を営んでいたが財産を没収され、文房具商となった。画を池大雅などに学び、詩書画に巧みであったが、それ以上に蒐集家として、また文人との交友やその後援者となったことによって有名である。『兼葭堂日記』や『兼葭堂雑録』 を書き、「山水図巻」などが遺されている。

【山本梅逸 やまもとばいいつ】 天明三年~安政三年

江戸時代末期の文人画家。名古屋の彫刻師の長男として生まれる。名は親亮、字は明卿。梅逸、玉禅居士、梅華主人の号をもつ。中林竹洞とともに神谷天遊の世話になり、京都に出た。美しい色彩の花鳥画を描いて有名になったが、安政元年(一八五四)に名古屋に帰り、画技によって士分にとりたてられた。「花鳥図」三幅対 (東京国立博物館蔵)や『畳泉密 竹図」などが遺る。

【貫名海屋 ぬきなかいおく】 安永七年~文久三年

江戸時代末期の文人画家、書家。阿波徳島藩士の二男。名は苞、字は君茂、恋の号がある。大坂で中井竹山に儒学を学んで京都に塾を開き、書では幕末の唐様の第一人者といわれた。画は初め藩の絵師に狩野派を学んだが、長崎で鉄翁に南画を学ぶ。正統的な南宗画を受け継ぎ、温雅な画風をみせる。「永源寺秋景図」や「歳寒有伴図」などの作品がある。

【中林竹洞 なかばやしちくどう】 安永五年~嘉永六年

江戸時代末期の文人画家。名古屋の医師玄棟の子。名は成目、字は伯明。竹洞のほか沖濱などの号がある。名古屋の富豪神谷天遊の家で学び、山本橋逸と知り合い、ともに京都に出る。明、清画に学び、画論家として『画道金剛杵』(一八〇一)、『竹洞画論』(一八〇二)などを著して南宗画を広めた。山水画を得意とするが、南宗画の柔らかさに欠ける。代表作は「夏雨初鳴図」「雲山浦趣図」など。

【桑山 玉洲 くわやまぎょくしゅう】 延享三年~寛政十一年

江戸時代中期の文人画家。紀州の人。名は嗣燦、字は明夫。号は玉洲、鶴跡園などがあり、桑嗣燦ともいった。初め沈南蘋の写生画風を、ついで池大雅に南宗画を学んだ。山水画に個性をみせるが、むしろ画論家として有名であり、『玉洲画趣』『絵事鄙言』 などを著した。代表作は「富士・箱 根図」 襖絵、「若浦図巻」など。

【田能村竹田 たのむらちくでん】 安永六年~天保六年

江戸時代後期の文人画家。豊後竹田の藩医の二男に生まれる。名は孝憲、字は君難。通称は行蔵で、竹田、九畳価史など多くの号がある。初め儒学を修めて藩校由学館の教授ともなったが、農民一揆に際して提出した藩政改革の建言書が容れられず、辞職して文人の生活を楽しんだ。詩書画をともによくし、日本の南画家の中で最も文人にふさわしい性格をもっていた。画風も中国の南宗画に近いもので、神経のいきとどいた気品のある温和なものである。著書に『山中人饒舌』『竹田荘師友画録』がある。代表作は「船窓小戯帖」、「亦復一楽帖」 、「稲熊舟遊図」などである。

【喜多元規 きたげんき】

生没年不詳。十七世紀後半に活躍した黄檗派の画家。承応から元禄にかけて(一六五二~一七〇四) 黄檗僧だけでなく、俗人や他宗の僧の肖像画を描いた。黄檗派頂相の写照性に顔貌や衣服に色彩の濃淡による陰影を施す洋風画的手法を加えて、迫真性を強くあらわした。中国画と西洋画の折衷的なものといえる。代表作は「隠元和尚像」(一六七一、万福寺蔵)、「稲葉茶応居士像」(一六九三、弘福寺蔵)など。

【渡辺崋山 わたなべかざん】 寛政五年~天保十二年

江戸時代末期の文人画家。三河田原藩士で江戸に生まれる。名は定静、字は伯登または子安。通称は登、初め華山と号し、後、華山と改める。父は家老にまでなったが、家は貧しく、内職として画を始めた。蘭学に興味をもつようになり、高野長英らと交わったが、天保十年(一八三九)の蛮社の獄で逮捕され、蟄居中に自殺した。画は谷文晁(一七六三~一八 四〇) に学ぶが、洋画の影響を受けた肖像画に特徴をみせる。細かに描き出すだけでなく、顔や衣服に陰影をつけて立体感を出し、迫真性をもつものである。「鷹見泉石像」、「回州真景図巻」が代表作。

【岡本秋暉 おかもとしゅうき】 文化四年~文久二年

江戸時代末期の文人画家。小田原藩士。名は隆仙、字は柏樹。通称祐之丞。大西圭斎、あるいは敏形意斎に学び、その後、渡辺崋山の門に入る。花鳥画を得意とし、南蘋派の画風を加えた、写生を基礎とした装飾的な作品を描いた。代表作に小田原城障壁画や「牡丹軍鶏図」(東京国立博物館蔵)がある。

掛け軸の名称 ≫

【合せ箱 あわせばこ】

中身と箱が本来のものでなく、別の箱を利用した物をいう。 共箱に対比する。善意には間に合せ箱のことであるが、ときとして中身は中身だけで一人歩きし、箱書きのある箱に別の物が入ってもう一つ偽物ができてしまうことがある。

【合わせ蓋 あわせぶた】

盒子や水差しなどの蓋物において失われた蓋を本体と似た別の蓋を使って完品に見せたものをいう。共蓋に対比する。

【諱 いみな】

芸術家の雅号に対し、その人の生前の実名をいう。例えば、室町時代の画人雪舟は雅号であり、諱は雲谷等楊である。

【入筆 いれふで】

書画に後からかき足すこと。また、かき足したもの。加筆・補筆の類語。

【花押 かおう】

花文字の押印の意味。華押とも書く。署名の下に書く書印で、多くは自分の名前をくずして図案化したものである。わが国独特のもので、平安時代末期、鎌倉時代の初め頃に始まり、室町・桃山時代を経て江戸時代には武家の常習となった。身分の低い者や無筆の者は○や×の簡単な印を書いて花押としたが、これは略押といい、同様に禅僧などが用いた簡素な書印を平押という。

【雅号 がごう】

画家・書家・文筆家などが本名のほかにつける風流、風雅な別名。雅名ともいう。

掛け軸の種類 ≫

錦絵(浮世絵)

世界でもっとも早期に制作された全面色彩印刷の絵画である錦絵は、比較的に安価であるところから、江戸中・後期の庶民のあいだで愛好されて、大量に普及しました。これ専門の絵師に、春信、清長、歌麿、北斎、写楽、豊 国、国貞、国芳、広重などの英才が続々と出現しています。

文人画

京都を中心に紀州藩の儒者祇園南海、大和郡山の家老柳沢淇園、名古屋の薬種商の彭城百川などの先駆者が現れ、それを継承する池大雅、与謝蕪村、伊藤若冲、円山応挙、浦上玉堂、青木木米、田能村竹田、岡田米山人といった優れた画家が職的に活躍しました。江戸においても、この時期になると、上層武士の出である文人画家酒井抱一、公私にわたって人気のあった谷文晁、その感化から成長した鈴木芙蓉、春木南湖、立原杏所、椿椿山、渡辺崋山、田崎草雲らの同種の絵 師が輩出して、画壇を主導し、その画系は、その後の 明治維新を通過して、大正期にまで及びます。

山水画(さんすいが)

山や川、景色を描いた掛け軸です。中国の伝統的な山水画が起源とされています。日本においても、茶道や禅宗の文化と共に伝来し、多くの芸術家が制作しました。線描のように描かれた「狩野派」や、濃淡を大切にする「雪舟派」、色彩豊かな「光琳派」など、様々な画風があります。

花鳥画(かちょうが)

花や鳥、昆虫などの生き物を描いた掛け軸です。中国の伝統的な花鳥画が起源とされています。日本においても、古来より多くの芸術家が制作し、花鳥文化が根付いていきました。

書道家(しょどうか)

書道家が揮毫した書や詩を描いた掛け軸で、文字の美しさや意味を表現します。特に、禅宗や茶道などの精神文化に深く関わる「草書」や「行書」が多く使われます。

現代美術(げんだいびじゅつ)

戦後、様々な芸術運動が生まれ、新しい表現方法が追求される中で制作された掛け軸です。写真やインスタレーションなどの新しい技法を取り入れたものもあります。

掛け軸の保存方法 ≫

  • 保存場所:掛け軸を長期間保存する場合は、湿度や温度が低い場所を用意することが望ましいです。もし環境を用意できない場合は、湿気を吸収する掛軸用の防虫剤などの保管グッズを併用することをお勧めします。
  • 定期的にメンテナンスする:掛け軸は、時間が経つにつれてシミがでたり、巻癖がついたりすることがあります。定期的に点検をし、必要に応じて掛け軸の陰干しを行うことで、長期間保存することができます。

掛け軸の陰干し ≫

  • 掛け軸を下から支える:掛け軸は、上部に掛けて干すと、下部がたわんでしまい、形が崩れる場合があります。そのため、下から支えるようにして干すと、形が崩れずに綺麗に陰干しすることができます。
  • 掛け軸の重ね合わせを避ける:掛け軸を干す際は、掛け軸同士が重ならないように、間隔を開けて干すようにしましょう。重ねて干すと、色が移ったり、紙に跡が付いたりする場合があります。
  • 掛け軸は、直射日光や高温多湿を避け、風通しの良い場所で陰干しするのが望ましいです。屋内であれば、網戸から外気が入る窓辺や、風の通り道に掛けて干すと良いでしょう。
  • 汚れを落とす:掛け軸に汚れやホコリが付いている場合は、乾いた布やホウキなどで取り除きます。
  • 時間をかけて干す:掛け軸を陰干しする際は、時間をかけてゆっくりと乾かすことが大切です。急いで乾かすと、紙や絵具が変形したり、色あせたりする場合があります。また、風通しの良い場所で乾かすことで、カビや菌の繁殖を防ぐことができます。

掛け軸の買取に関する7つのQ&A

どんな掛け軸を買取してもらえますか?

様々な種類の掛け軸を買取しています。古典的な美術品から現代の作品まで、状態が良好であれば、歴史的価値や芸術的価値のあるものは特に高価買取の対象となります。

掛け軸の買取価格はどのように決まりますか?

買取価格は、作家の知名度、作品の希少性、状態、時代背景、市場での需要など複数の要因を総合的に評価して決定されます。

掛け軸の状態があまり良くないのですが、買取は可能ですか?

状態が悪い場合でも買取可能な場合があります。しかし、価値に影響するため、詳細な状態を鑑定し、それに基づいて買取価格を提示します。

買取にあたって事前に準備することはありますか?

作者や作品に関する情報があれば、それも準備しておくと査定がスムーズです。また買取させていただく場合、運転免許証や保険証が必要となります。

買取の流れはどうなっていますか?

まず、お問い合わせから始まり、写真や情報を基に仮査定を行います。その後、実物を持ち込むか出張査定を受け、正式な買取価格を提示します。お客様がご納得いただいた場合、買取成立となります。

出張費や鑑定料はかかりますか?

多くの場合、出張費や鑑定料は無料です。しかし、出張場所や作家によってはお伺いできない場合もございます。まずは事前にお問い合わせください。

掛け軸の買取を依頼する際の注意点はありますか?

信頼できる買取業者を選ぶことが重要です。歴史ある掛け軸や価値のある美術品は専門的な知識を持つ業者に依頼することで、適正価格での買取が期待できます。また、買取前に複数の業者から見積もりを取ることも良い方法です。

掛け軸の処分について

掛け軸の処分を考える際は、軸先がプラスチックや石製の場合、これらを取り外してください。それ以外の部分は木や紙で作られているため、燃えるゴミとして処分可能です。ただし、価値のある掛け軸を誤って廃棄するリスクがあるため、処分する前には三冬花のような専門店で確認をおすすめします。

掛け軸をはじめ、骨董品や美術品など様々なお品の買取をいたします。

中国陶磁器について
陶磁器について
仏像について
刀について
彫刻について
茶道具について
人間国宝について

買取店の選び方のコツはこちらをご覧ください

信頼できる買取業者を選ぶ

業者選びは非常に重要です。実績、評判、専門知識を持つ査定士がいるかどうかを確認し、信頼できる業者に依頼することが大切です。

当店の鑑定士は東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様には経験豊富な鑑定士が直接査定させていただきます。

三冬花は買取販売の専門店です

三冬花では買取したお品を、できるだけ直接お客様に小売りをさせていただきます。多くの骨董品買取業者が中間業者を介して商品を取引することで余分なコストが発生し、結果としてお客様が受け取る買取価格が低下してしまいます。しかし、三冬花では直接お客様から骨董品を買い取り、直接お客様に小売りさせていただきますので高い買取金額が可能になります。

【複数店舗の買取チェーン店の場合】

お客様 → 買取店 → 業者オークション → 販売店 → お客様

【三冬花の場合】

お客様 → 三冬花 → お客様

個人情報保護を徹底しております

盗品捜査のための警察への情報提供はいたしますが、その他お客様の情報は一切漏らしません。お客様との信頼関係をもとに三冬花は運営しております。

基本の鑑定方法はこちらをご覧ください

  • 作家作品の場合、その作家の特徴、個性が如実に表れているかどうかを判断します。
  • 細部を確認し、筆致、絵の具、紙質(絹布の質)等を見て、本物とどこが共通かを見ます。
  • 落款・印を確認し、本人の署名かどうか、また印は、本人が何歳頃に使用したものか(富岡鐵斎などは数十の印を使用した)を厳しく判別します。
  • 共箱がある場合は箱書を見ます。由緒ある作品なのか、また箱書の署名人の署名そのものも本物なのかどうかを判断します。
  • 明らかな贋物は、品位や風格、あるいは独特の大らかさに欠ける、などと簡単に判別のつく場合もありますが上記のようなポイントを押さえて真贋を判断します。これは掛け軸、陶磁器、刀剣、絵画等の鑑定にも共通する基本といってよいです。

※【箱書】陶磁器を収める箱の蓋や蓋裏に、極書(きわめがき)を署名・押印をしたもの。作家本人、または弟子などが記すことが多い。ただし偽物の箱書きもあり得るので注意が必要です。

鑑定に関するQ&Aはこちらをご覧ください

骨董品の鑑定にはどのような品物が含まれますか?

骨董品の鑑定には、古美術品、陶磁器、絵画、彫刻、古文書、古い家具、装飾品、古い金属製品など、多岐にわたる品物が含まれます。年代物の品物や、歴史的、芸術的価値があるとされるものが対象となります。

鑑定にはどれくらいの時間がかかりますか?

鑑定にかかる時間は、品物の種類や状態によって異なります。簡単な品物の査定であれば数秒でわかりますが、より詳細な鑑定が必要な品物の場合は数日から数週間かかることもあります。

鑑定結果に納得できない場合はどうすればいいですか?

鑑定結果に納得がいかない場合は、別の鑑定機関や鑑定士にセカンドオピニオンを求めることをお勧めします。複数の専門家の意見を聞くことで、より公正な評価を得られることがあります。

骨董品鑑定の結果はどれくらいの期間有効ですか?

骨董品の価値は市場の需要と供給によって変動するため、鑑定結果の有効期間は一概には言えません。一般的には、鑑定書は3~5年を目安に更新を検討することが推奨されますが、市場が大きく変動した場合や重要な新情報が出た場合は、それより早く更新が必要になることもあります。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

名古屋市骨董品買取地域

中村区/北区/瑞穂区/港区/中区/東区/千種区/名東区/天白区/熱田区/南区/緑区/西区/昭和区/中川区/守山区

愛知県骨董品買取地域

一宮市/豊田市/西尾市/春日井市/小牧市/稲沢市/津島市/常滑市/豊橋市/豊川市/清須市/岡崎市/安城市/江南市/岩倉市/豊明市/日進市/北名古屋市/長久手市/東郷町/大口町/扶桑町/弥富市/あま市/大治町/飛鳥村/半田市/大府市/知多市/阿久比町/南知多市/美浜町/武豊町/碧南市/刈谷市/知立市/高浜市/幸田町/新城市/田原市/設楽町/犬山市/尾張旭市/豊山町/愛西市/蟹江町/東海市/東浦市/みよし市/蒲郡市/東栄町/瀬戸市

岐阜県骨董品買取地域

岐阜市/羽島市/各務原市/山県市/瑞穂市/本巣市/岐南町/笠松町/北方町/大垣市/海津市/養老町/垂井町/関ケ原町/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/関市/美濃市/美濃加茂市/可児市/郡上市/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/御嵩町/多治見市/中津川市/瑞浪市/恵那市/土岐市/高山市/飛騨市/下呂市

三重県骨董品買取地域

桑名市//四日市市/津市/いなべ市/木曽岬町/菰野町/朝日町/鈴鹿市/亀山市/多気町/明和町/大台町/鳥羽市/志摩市/玉城町/大紀町/南伊勢町/伊賀市/尾鷲市/紀北市/熊野市/東員町/川越町/松坂市/伊勢市/度会町/名張市/御浜市/紀宝町

滋賀県骨董品買取地域

彦根市/甲良町/多賀町/豊郷町/愛荘町/東近江市/日野町/甲賀市/竜王町/大津市/草津市/栗東市/湖南市/守山市/野洲市/近江八幡市/高島市/長浜市/米原市

静岡県骨董品買取地域

静岡市内全域(駿河区、葵区、清水区、東区、中区、南区、北区、西区、天竜区、浜北区)/熱海市/沼津市/富士宮市/伊東市/三島市/富士市/島田市/焼津市/掛川市/磐田市/御殿場市/藤枝市/袋井市/裾野市/湖西市/下田市/御前崎市/牧之原市/伊豆市/伊豆の国市/菊川市

愛知県掛け軸買取地域

一宮市/豊田市