川合玉堂の買取はお任せください。絵画、掛け軸の買取専門店が提供する安心できる評価と査定。

川合玉堂の貴重な作品の買取に関しては、絵画と掛け軸の買取専門店三冬花をぜひご利用ください。長年の経験と専門知識を持つ鑑定士が、一点一点を丁寧に評価し、公正な査定を行います。川合玉堂の作品をお持ちで、買取をご検討の方は、まずはお気軽にご相談ください。専門店ならではの親切丁寧な対応をお約束いたします。

川合玉堂の作家人生

川合玉堂は、13歳で絵画の修業を始め、83歳で亡くなるまで70年間にわたり日本画に生涯を捧げた画家です。

彼の活動期間は、日本の明治、大正、昭和という変動の激しい時代を包含し、その間に日本画壇も大きく変化しました。

愛知県出身の玉堂は、芸術的な家庭環境で育ち、青木泉橋との出会いを経て、望月玉泉の指導のもとで画家としての基礎を固めました。

彼の作品は、自然との調和と線と色彩の美しさを追求するもので、若宮時代には代表作「焚火」と「二日月」を制作するなど、文展や帝展での活動を通じて日本画壇における重要な地位を築きました。

教育者としても後進の指導にあたり、昭和時代には独自の画風をさらに発展させ、「峰の夕」や「深林宿雪」などの作品で新たな領域を開拓しました。

文化勲章受賞者でもある玉堂は、戦時中も含めて日本画の正常化に努め、スケッチに基づき自由な発想で作品を仕上げるスタイルや俳句を趣味とするなど、その人柄が作品に反映されています。

彼の遺作は、日本画の伝統と美を伝える貴重な資産として、後世に大きな影響を与え続けています。

川合玉堂について

1873年11月24日愛知県葉栗郡外割田村(現在の一宮市木曽川町外割田)に筆墨紙商の長男として生まれる。
1881年家族と共に岐阜市に移住。12歳頃から絵に親しみ始める。
1886年京都の画家・青木泉橋が岐阜に来住し、夫人の翠蘋と共に芳三郎少年に大きな刺激を与える。
1887年9月14歳で望月玉泉の門に入り「玉舟」の号を得る。
1890年円山派・幸野楳嶺の画塾「大成義会」に入塾し、同年「玉堂」に改号。
1896年23歳で東京に上京し橋本雅邦に師事。日本美術院に初期から参加。
1907年第1回文展の審査員に任命。東京美術学校日本画科教授を務め、1917年に帝室技芸員に任じられる。
1931年フランス政府からレジオンドヌール勲章を、1933年にはドイツ政府から赤十字第一等名誉章を授与される。
1940年文化勲章を受賞。
1936年帝国美術院の改革案に反対して美術院会員を辞任。1937年に芸術院会員となる。
1944年東京都西多摩郡三田村御岳に疎開し、画室「随軒」と住居「偶庵」を構える。
1957年6月30日心臓喘息で逝去。没時に正三位・勲一等旭日大綬章を叙勲。

川合玉堂の師、橋本雅邦について

橋本雅邦は、狩野派絵師の家系に生まれ、幼少期から絵を学びました。父養邦と続いて狩野雅信に師事し、後に独立して絵師となりました。明治時代に入り、伝統絵画の復興運動に参加し、東京美術学校の開校に貢献。美術院創立にも関わり、画壇の重鎮として活躍しましたが、明治41年に胃癌で亡くなりました。

川合玉堂の買取

三冬花では、東海地方にお住まいの方を対象に、川合玉堂の作品を無料で出張買取しております。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県を含む地域で、川合玉堂の作品の査定や売却をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

川合玉堂は、筆墨紙商の家に生まれ、幼少期から絵に親しんだ画家です。東京美術学校で教鞭をとり、帝室技芸員に任じられるなど、日本美術の発展に寄与しました。また、フランスやドイツからの勲章授与、文化勲章受賞など、国内外からの高い評価を受けました。

川合玉堂の買取をご検討の方は、三冬花にお問い合わせください。専門店の査定で、適切な価値をお出しいたします。

川合玉堂の作品買取実績

掛け軸買取
【川合玉堂】掛け軸の買取実績
詳しく見てみる

買い取り作家一覧 

あ行の有名作家

【日本画家】

秋野不矩 、穐月明 、青木大乗 、青山亘幹 、麻田辨自、池上秀畝 、池田遥邨 、石踊達哉 、石本正 伊藤小坡 、伊東深水  、今尾景年 今村紫紅 、入江波光  、岩橋英遠 、岩崎巴人 、上村松園 、上村松篁 、上村淳之 、宇田荻邨 、梅原幸雄、大矢紀 、大山忠作 、小川芋銭 奥田元宋 、小倉遊亀 、小野竹喬  、奥村土牛 、小山硬  、大橋翠石 、小川雨虹 、岡村倫行

小倉遊亀

【洋画家】

靉光、相笠昌義、青木繁、浅井忠、朝井閑右衛門、有元利夫、伊藤清永、猪熊弦一郎、岩田専太郎、梅原龍三郎、牛島憲之、海老原喜之助、岡田謙三、織田廣喜、岡鹿之助、荻須高徳

池田満寿夫
か行の有名作家

【日本画家】

梶原緋佐子 、片岡球子  、堅山南風 、加藤晨明 、加藤栄三 、加藤東一 、金島桂華 、川島睦郎 、鏑木清方 、下保昭 、加山又造 、川端龍子 、川村曼舟 、菊池契月 、木村武山、工藤甲人 、
久保嶺爾 、小泉智英 、小泉淳作 、小杉放庵 、児玉希望 、今野忠一 、後藤純男 、小林古径 、小松均  、郷倉和子 、郷倉千靱 、近藤浩一路

川合玉堂

【洋画家】

香月泰男、鴨居玲、岸田劉生、北川民次、鬼頭鍋三郎、絹谷幸二、熊谷守一、黒田清輝、小出楢重、小絲源太郎、児玉幸雄、小林和作、小松崎邦雄

熊谷守一
小磯良平
さ行の有名作家

【日本画家】

酒井三良 、佐倉功起 、佐藤太清 、榊莫山、下田義寛 、下村観山 、清水規 、澁澤卿 、嶋谷自然 、杉山寧 、鈴木竹柏 、関主税 、千住博

志村立美

【洋画家】

島田章三、杉山寧、須田国太郎

た行の有名作家

【日本画家】

高山辰雄 、竹内栖鳳 、竹久夢二  、田中一村 、田渕俊夫 、土田麦僊 、土屋礼一 、手塚雄二 、寺島紫明、堂本印象 、徳岡神泉 、富岡鉄斎

田中一村

【洋画家】

高塚省吾、鷹山宇一、田村能里子、鳥海青児

な行の有名作家

【日本画家】

中島千波 、中路融人 、中村岳陵 、中村正義 、那波多目功一 中村左洲  、長縄士郎 、西村五雲 、野々内良樹 、野村義照

【洋画家】

中川一政、中村正義、野間仁根

は行の有名作家

【日本画家】

橋本雅邦 、橋本関雪 、橋本明治 、浜田昇児 、浜田泰介 、速水御舟 、浜田台児、稗田一穂 、東山魁夷 、菱田春草 、平川敏夫 、平福百穂 平松礼二 、平山郁夫、福井爽人 、福王寺法林 、福田平八郎  、船橋穏行 、堀文子

【洋画家】

橋本明治、長谷川利行、林武、平松礼二、福井良之助、藤島武二、藤田嗣治

樋口治平
ま行の有名作家

【日本画家】

前田青邨 、牧進  、松尾敏男 、松林桂月 、松本哲男  、三輪晁勢 、三輪良平 、棟方志功 、村上華岳 、武者小路実篤 室井東志生 、森田曠平 、森田りえ子  、守屋多々志 、森緑翠

【洋画家】

松本竣介、三岸好太郎、三岸節子、宮永岳彦、村山槐多、森本草介

や行の有名作家

【日本画家】

安田靫彦  、山口華楊 、山口蓬春 、山本丘人 、山本倉丘  、山本春挙 、山元桜月  、山田申吾、結城素明、横山大観 、横山操 、吉田善彦 、吉岡賢二

【洋画家】

安井曾太郎、安田靫彦、山下清、山本鼎、横尾忠則、萬鉄五郎

東京美術倶楽部 鑑定一覧

日本画

池上 秀畝・石本 正・伊東 深水・今村 紫紅・上村 松園・上村 松篁・大橋 翠石・大山 忠作・小川 芋銭・奥村 土牛・小茂田 青樹・加倉井 和夫・片岡 球子・加藤 東一・金島 桂華・鏑木 清方・川合 玉堂・川端 龍子・川村 曼舟・吉川 霊華・小泉 淳作・小杉 放菴・後藤 純男・小林 古径・榊原 紫峰・下村 観山・杉山 寧・髙山 辰雄・竹内 栖鳳・竹久 夢二・土田 麦僊・寺崎 廣業・富田 溪仙・西村 五雲・橋本 関雪・橋本 雅邦・林 功・東山 魁夷・菱田 春草・平川 敏夫・平山 郁夫・福田 平八郎・前田 青邨・松尾 敏男・松本 哲男・森田 恒友・山口 華楊・山口 蓬春・山田 申吾・横山 操

洋画

靉 光・青木 繁・青山 義雄・朝井 閑右衛門・浅井 忠・麻生 三郎・有島 生馬・糸園 和三郎・今西 中通・上野山 清貢・梅原 龍三郎・瑛 九・海老原 喜之助・岡 鹿之助・岡田 三郎助・金山 康喜・彼末 宏・鴨居 玲・木村 荘八・国吉 康雄・熊谷 守一・黒田 清輝・小絲 源太郎・古賀 春江・児玉 幸雄・小林 萬吾・小林 和作・小山 敬三・斎藤 与里・佐伯 祐三・佐分 真・清水 登之・白滝 幾之助・杉本 健吉・鈴木 信太郎・須田 国太郎・関根 正二・曽宮 一念・田村 孝之介・鳥海 青児・椿 貞雄・寺内 萬治郎・中川 一政・中谷 泰・中畑 艸人・中村 清治・中村 彝・鍋井 克之・西村 龍介・野口 弥太郎・野田 英夫・野間 仁根・長谷川 利行・林 武・福井 良之助・藤島 武二・藤田 嗣治・前田 寛治・牧野 虎雄・松本 竣介・三岸 好太郎・三岸 節子・満谷 国四郎・南 薫造・宮永 岳彦・宮本 三郎・村山 槐多・森 芳雄・安井 曽太郎・山口 薫・山下 新太郎・山本 鼎・萬 鉄五郎・和田 英作

鑑定料、鑑定日についてはこちら

出典:東京美術俱楽部ホームページより引用

買取品目 絵画だけでなく幅広い美術品や骨董品を買取りいたします

中国陶磁器について
陶磁器について
仏像について
刀について
彫刻について
茶道具について
人間国宝について
掛け軸について

下記の作品を例に掛け軸の査定ポイントをご紹介します

作家名川合玉堂
作品名和歌 偶庵落款
種類日本画
付属品共箱
商品状態概ね良好

掛け軸の査定ポイント①

  • 作家作品の場合、その作家の特徴、個性が如実に表れているかどうかを判断します。
  • 細部を確認し、筆致、絵の具、紙質(絹布の質)等を見て、本物とどこが共通かを見ます。
  • 明らかな贋物は、品位や風格、あるいは独特の大らかさに欠ける、などと簡単に判別のつく場合もありますが上記のようなポイントを押さえて真贋を判断します。これは陶磁器、刀剣、絵画等の鑑定にも共通する基本といってよいです。

掛け軸の査定ポイント②

落款・印を確認し、本人の署名かどうか、また印は、本人が何歳頃に使用したものか(富岡鐵斎などは数十の印を使用した)を厳しく判別します。

掛け軸の査定ポイント③

共箱がある場合は箱書を見ます。由緒ある作品なのか、また箱書の署名人の署名そのものも本物なのかどうかを判断します。

※【箱書】掛け軸を収める箱の蓋や蓋裏に、極書(きわめがき)を署名・押印をしたもの。作家本人、または弟子などが記すことが多い。ただし偽物の箱書きもあり得るので注意が必要です。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

掛け軸の買取に関するよくある質問(FAQ)

どのような掛け軸を買取していますか?

三冬花では、日本画から宗教、書家まで、幅広い種類の掛け軸を買取しています。掛け軸のジャンル、作品の年代や画家に関わらず、お気軽にご相談ください。

メール・LINEの画像査定に必要な情報は何ですか?

掛け軸の査定には、作品の写真(正面、署名がある場合はその部分も)が最低限必要です。このほか、サイズ、画家の名前、付属品などの情報があると、より正確な査定が可能となります。

贋物(偽物)が確認されている作家の作品

江戸時代の作品は偽物が多数ございます。また明治以降の作家、伊東深水、上村松園、小倉遊亀 、小野竹喬  、川合玉堂、富岡鉄斎、平山郁夫、横山大観など高額で取引されている作家は贋物があると思って間違いありません。