重要無形文化財『江戸小紋』小宮康孝作品を探しております。高価買取いたします。

江戸小紋 小宮康孝 大正14年生(昭和53年認定)

昭和13年 小学校卒業後、父康助に就いて家業の小紋染を修業

昭和22年 戦災で中断していた工房再開

昭和35年 第七回日本伝統工芸展出品

昭和36年 父死去にともない工房継承

昭和39年 第11回同展日本工芸会々長賞

昭和53年 重要無形文化財「江戸小紋」保持者

昭和59年 映画「江戸小紋と長板中形」制作協力

東京生まれ。父康助について江戸小紋染の修業に専念した。小紋染における型紙とその型彫技法の重要なことを見抜き、父の遺志を継ぎながら、苦心を重ねて型地紙製作者、型彫技術者の育成に心血を注ぐ。そのため型紙の紙質改良、参考資料の蒐集、型彫師の指導に配慮した。同時に、古い型紙をもとに彼等から熱心な協力を得て伝統的な小紋型の復元と新しい型紙の発展に大きく貢献している。型付技術者としても見事な小紋染の作品を発表している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です