日本画家「渡辺幾春」の買い取り依頼をいただきました。

渡辺 幾春(わたなべ いくはる)
明治28年生まれ(1895年)~昭和50年没(1975年)は、昭和に活躍した名古屋の日本画家、版画家。明治28年、名古屋市西区江川端町に生まれる。9歳の時、名古屋の日本画家水谷芳年に師事。
大正7年(1918年)第12回文展に出品「百日紅」初入選。
京都において山元春挙に師事。29歳で名古屋へ戻る。
大正13年(1924年)、朝見香城、喜多村麦子、織田杏逸らと中京美術院を創立。幾春の作品数点は名古屋市美術館に収蔵されている。

 

 

 

美術品や骨董品の売却をお考えのお客様へ

当店は大切なものを次の方へ繋げるお手伝いをいたします。

はじめて美術品を売却する方は、どうしたらよいかわからないと思います。

そのようなときは美術品、骨董品の専門であります「美術三冬花」にお問い合わせください。
豊富な経験をもとに適切な査定額をお出しすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です