三代徳田八十吉の買取は三冬花にお任せください。

徳田八十吉(とくだやそきち)1933年-1909年

三代徳田八十吉(本名:徳田正彦)は石川県小松市出身の九谷焼作家で、二代徳田八十吉の長男です。1954年頃から祖父である初代徳田八十吉から九谷焼上絵具と上絵付技法を学びました。朝日陶芸展や日展で活躍した後、1971年の第18回日本伝統工芸展で「彩釉鉢」がNHK会長賞を受賞し、1977年の第24回日本伝統工芸展で「燿彩鉢」が日本工芸会総裁賞を受賞しました。

三代目徳田八十吉の略歴 (Tokuda yasokichi)

昭和8年9月14日初代徳田八十吉の孫として生まれる。初名は正彦。初代、二代目に師事。
昭和46年第一八回日本伝統工芸展NHK会長賞(優秀賞)受賞
昭和52年第二四回日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞(優秀賞)受賞
昭和54年第二六回日本伝統工芸展鑑査委員
昭和63年藤原啓記念賞受賞。三代目を襲名
平成3年第11回日本陶芸展最優秀作品賞・秩父宮賜杯受賞
平成4年第三九回日本伝統工芸展審査委員
平成9年重要無形文化財「彩釉磁器」保持者に認定
平成21年8月26日死去

徳田八十吉の代表作

三代徳田八十吉  燿彩鉢 創生  1991

青手古九谷に見られる四彩を使用したこの作品は、釉薬の見事なグラデーションが一際目を引きます。グラデーションはぼかしを使わず、各色を一本一本丁寧に挿していく手法で表現されており、深く透明感のある輝きを放っています。鉢の形状である正円もまた、幾何学的な抽象を思わせ、色絵磁器の新しいスタイルを示す印象的な一点です。

三代 徳田八十吉展 耀彩壺「恒河」

「九谷焼は、中国の山水画や狩野派の花鳥絵など、その時代に合った絵を描いてきた。現代に生きる自分にとって魅力的なのは抽象画だ」と考え、研究を重ねた晩年の作品。徳田家に伝わる古九谷五彩のうち、ガラス成分のない赤を除く紺、紫、緑、黄の4色の釉薬から200以上の中間色を創り出し、宝石のように煌めくグラデーション作品として発表しました。

彩釉磁器について

彩釉磁器は、焼き付けた磁器素地に色釉を施して装飾する陶芸技法です。その特徴は、色釉の美しさを色彩の濃淡や対比などで表現することにあります。中国では明時代以降の景徳鎮窯で、各種の色釉を使用して磁器の表面を装飾する技法が盛んになりました。

彩釉磁器の色は、焼成によって色釉に含まれた酸化金属が呈色されるもので、一般的に用いられる彩料の色は、黄色系には酸化鉄、緑色系には酸化銅、紺色系には酸化コバルト、紫色系には酸化マンガンによって表現されます。このような色釉を用いた彩釉磁器は、明の正徳期の「黄地緑彩」や嘉靖期の「黄地紅彩」「紅地緑彩」など、16世紀から17世紀にかけてさまざまな用例が見られます。

日本では、江戸時代の古九谷の「青手」と呼ばれる様式が特に有名で、九谷五彩のうち赤を除く黄・緑・藍・紫の四色の色釉を使用し、黒の描線模様の上に塗り埋めて装飾的な模様を表現した彩釉磁器があります。この技法は江戸後期の文化年間に再興九谷を意図して開窯された吉田屋窯でも受け継がれました。

現代の三代徳田八十吉の彩釉磁器は、これらの伝統的技法を基盤に独自の創意工夫を加えることで、新しい芸術的表現を可能にした陶芸技術となっています。

陶芸作家の買取実績はこちら

三冬花で買取できる美術品や骨董品

【古美術品】骨董品や茶道具など幅広いジャンルのお品を査定、買取いたします。

【絵画】日本画、洋画、版画など幅広いジャンルの絵画を査定、買取いたします。

【掛け軸】日本画、書家、中国画、文人画など幅広いジャンルの査定、買取いたします。