豊田市の掛け軸の買取は三冬花にお任せください。

豊田市で掛け軸の買取をご検討中であれば、ぜひ三冬花にお問い合わせください。お客様の大切な掛け軸を、当店が心を込めて評価させていただきます。岐阜市が拠点の三冬花ですが、豊田市のお客様からもたくさんのご依頼を受けています。店主自らが専門知識を活かして一点一点を丁寧に査定いたします。幅広い時代の掛け軸を取り扱い、お客様の掛け軸を適正価格で買取します。

愛知県豊田市の買取地域

【豊田市全域が買取エリアです】

逢妻町/青木町/秋葉町/曙町/浅谷町/朝日ケ丘/朝日町/旭八幡町/安実京町/明賀町/明川町/足助白山町/足助町/阿蔵町/綾渡町/荒井町/蘭町/有間町/伊熊町/池島町/池田町/生駒町/一色町/石畳町/石飛町/石野町/泉町/市木町/市平町/市場町/五ケ丘/稲武町/井上町/井ノ口町/伊保町/今町

お手持ちの掛け軸を高価買取いたします

掛け軸の価値は、その歴史、作者、保存状態によって大きく異なります。三冬花では、これらすべての要素を考慮した上で、適正な価格をご提案いたします。もし買取後の流れや、価格に関してご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ご自宅での出張買取も承ります

一宮市内であれば、出張費は無料です。お忙しい方や、大量の掛け軸をお持ちの方でも、ご自宅にいながら簡単に買取サービスをご利用いただけます。事前にお電話またはメールでご予約ください。お見積もりや買取に関するご相談は無料です。皆様の大切な掛け軸を、三冬花が誠実に評価いたします。

掛け軸を売るなら三冬花| 愛知県名古屋市、岐阜県、三重県で迅速対応

三冬花は、歴史ある中山道沿いに位置し、これまで様々な掛け軸の査定買取を手掛けてきました。お持ちの掛け軸の真の価値を知りたい、または売却をご検討の方は、ぜひ当店へお持ちください。作者が不明であっても、安心してご相談ください。長年、蔵や倉庫に保管されていた掛け軸も、蔵の整理を含めて、当店で責任を持って対応いたします。

愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県、滋賀県でしたら三冬花の鑑定士が直接査定いたします

当店の鑑定士は東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様には経験豊富な鑑定士が直接査定させていただきます。

掛け軸の買取相場

掛け軸は、日本の伝統的な美術品として長い歴史を持ち、その種類と価値は非常に多様です。三冬花では、愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県で掛け軸の買取をいたします。ここでは、掛け軸の種類とそれぞれの価値を深く掘り下げ、お持ちの掛け軸がどのような価値を持つ可能性があるかをご紹介します。

掛け軸の買取に関する7つのQ&A

どんな掛け軸を買取してもらえますか?

様々な種類の掛け軸を買取しています。古典的な美術品から現代の作品まで、状態が良好であれば、歴史的価値や芸術的価値のあるものは特に高価買取の対象となります。

掛け軸の買取価格はどのように決まりますか?

買取価格は、作家の知名度、作品の希少性、状態、時代背景、市場での需要など複数の要因を総合的に評価して決定されます。

掛け軸の状態があまり良くないのですが、買取は可能ですか?

状態が悪い場合でも買取可能な場合があります。しかし、価値に影響するため、詳細な状態を鑑定し、それに基づいて買取価格を提示します。

買取にあたって事前に準備することはありますか?

作者や作品に関する情報があれば、それも準備しておくと査定がスムーズです。また買取させていただく場合、運転免許証や保険証が必要となります。

買取の流れはどうなっていますか?

まず、お問い合わせから始まり、写真や情報を基に仮査定を行います。その後、実物を持ち込むか出張査定を受け、正式な買取価格を提示します。お客様がご納得いただいた場合、買取成立となります。

出張費や鑑定料はかかりますか?

多くの場合、出張費や鑑定料は無料です。しかし、出張場所や作家によってはお伺いできない場合もございます。まずは事前にお問い合わせください。

掛け軸の買取を依頼する際の注意点はありますか?

信頼できる買取業者を選ぶことが重要です。歴史ある掛け軸や価値のある美術品は専門的な知識を持つ業者に依頼することで、適正価格での買取が期待できます。また、買取前に複数の業者から見積もりを取ることも良い方法です。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

掛け軸の名称

【合せ箱 あわせばこ】

中身と箱が本来のものでなく、別の箱を利用した物をいう。 共箱に対比する。善意には間に合せ箱のことであるが、ときとして中身は中身だけで一人歩きし、箱書きのある箱に別の物が入ってもう一つ偽物ができてしまうことがある。

【合わせ蓋 あわせぶた】

盒子や水差しなどの蓋物において失われた蓋を本体と似た別の蓋を使って完品に見せたものをいう。共蓋に対比する。

【諱 いみな】

芸術家の雅号に対し、その人の生前の実名をいう。例えば、室町時代の画人雪舟は雅号であり、諱は雲谷等楊である。

【入筆 いれふで】

書画に後からかき足すこと。また、かき足したもの。加筆・補筆の類語。

【花押 かおう】

花文字の押印の意味。華押とも書く。署名の下に書く書印で、多くは自分の名前をくずして図案化したものである。わが国独特のもので、平安時代末期、鎌倉時代の初め頃に始まり、室町・桃山時代を経て江戸時代には武家の常習となった。身分の低い者や無筆の者は○や×の簡単な印を書いて花押としたが、これは略押といい、同様に禅僧などが用いた簡素な書印を平押という。

【雅号 がごう】

画家・書家・文筆家などが本名のほかにつける風流、風雅な別名。雅名ともいう。

掛け軸の保存方法

  • 保存場所:掛け軸を長期間保存する場合は、湿度や温度が低い場所を用意することが望ましいです。もし環境を用意できない場合は、湿気を吸収する掛軸用の防虫剤などの保管グッズを併用することをお勧めします。
  • 定期的にメンテナンスする:掛け軸は、時間が経つにつれてシミがでたり、巻癖がついたりすることがあります。定期的に点検をし、必要に応じて掛け軸の陰干しを行うことで、長期間保存することができます。

掛け軸の陰干し

  • 掛け軸を下から支える:掛け軸は、上部に掛けて干すと、下部がたわんでしまい、形が崩れる場合があります。そのため、下から支えるようにして干すと、形が崩れずに綺麗に陰干しすることができます。
  • 掛け軸の重ね合わせを避ける:掛け軸を干す際は、掛け軸同士が重ならないように、間隔を開けて干すようにしましょう。重ねて干すと、色が移ったり、紙に跡が付いたりする場合があります。
  • 掛け軸は、直射日光や高温多湿を避け、風通しの良い場所で陰干しするのが望ましいです。屋内であれば、網戸から外気が入る窓辺や、風の通り道に掛けて干すと良いでしょう。
  • 汚れを落とす:掛け軸に汚れやホコリが付いている場合は、乾いた布やホウキなどで取り除きます。
  • 時間をかけて干す:掛け軸を陰干しする際は、時間をかけてゆっくりと乾かすことが大切です。急いで乾かすと、紙や絵具が変形したり、色あせたりする場合があります。また、風通しの良い場所で乾かすことで、カビや菌の繁殖を防ぐことができます。

掛け軸の処分について

掛け軸の処分を考える際は、軸先がプラスチックや石製の場合、これらを取り外してください。それ以外の部分は木や紙で作られているため、燃えるゴミとして処分可能です。ただし、価値のある掛け軸を誤って廃棄するリスクがあるため、処分する前には三冬花のような専門店で確認をおすすめします。