島岡達三の買取は三冬花にお任せください。

重要無形文化財「民芸陶器」を保持した作家、島岡達三作品の買取については三冬花にお任せください。東海地方で多く扱われている島岡達三の作品を、三冬花で専門的に評価いたします。市場の動向をもとに、島岡達三の作品の価値や市場での位置づけを反映した公正な価格をご提案します。お持ちの島岡達三作品の買取をお考えでしたら、ぜひ三冬花にお問い合わせください。お客様の大切な作品に対して適正な評価を行います。

島岡達三
島岡達三 サイン

島岡達三の略歴 (Shimaoka tatsuzou)

1919年東京市芝区愛宕町(現・東京都港区愛宕)にて、組紐師の父・島岡米吉と母・かうの長男として生まれる。
1936年東京府立高等学校高等科理科に入学。
1939年東京工業大学窯業学科に入学。
1941年大学を繰り上げ卒業し、徴兵検査を受ける。
1942年軍隊に入隊。
1945年終戦を迎える。
1946年復員し、東京から益子に移住。濱田庄司に正式に弟子入り。
1953年栃木県窯業指導所の試験室に技師として入所。同年、指導所を退所し、濱田邸の隣に築窯し独立。
1964年日本民芸館賞を受賞。
1980年栃木県文化功労章を受賞。
1994年日本陶磁協会賞金賞を受賞。
1996年NHK教育テレビ「趣味百科」の「陶芸に親しむ」に講師として出演。5月10日、民芸陶器(縄文象嵌)で人間国宝に認定される。
1999年勲四等旭日小綬章を受章。
2002年栃木県名誉県民の称号を受ける。
2007年個展のための窯焚き中に倒れ、入院。
急性腎不全により逝去。享年88。同日、従五位を追賜される。

島岡達三は1919年に東京で生まれ、もともと文系を志望していましたが、技術者を優遇する当時の風潮により工業系への進学を勧められ、東京工業大学の窯業学科に入学しました。学生時代には美的な才能を活かして民芸運動に触れ、陶芸家としての道を選び、濱田庄司に弟子入りしました。第二次世界大戦中は従軍し、戦後は本格的に陶芸活動を開始しました。彼は独自の「縄文象嵌」技法を開発し、日本国内外で多くの展示会や講義を行い、陶芸の普及に尽力しました。数多くの賞を受賞し、1996年には国指定重要無形文化財の技術保持者(人間国宝)に認定されました。2007年に88歳で逝去するまで、益子焼の普及と陶芸技術の向上に貢献し続けました。

島岡達三の師、濱田庄司

濱田庄司は、1919年に神奈川県川崎市で生まれました。東京高等工業学校窯業科で学び、1916年に卒業後、京都市立陶芸試験場で釉薬の研究に従事し、1920年にバーナード・リーチと共にイギリスへ渡り、セント・アイヴスに窯を築きました。1923年にロンドンで成功した個展を開催し、後に帰国して沖縄や壺屋窯で学びました。1930年からは栃木県益子町で作陶を始め、主に手轆轤を用いたシンプルな造形と釉薬の流描による大胆な模様で知られています。

戦後、1952年に柳宗悦とヨーロッパを訪れ、1955年には日本初の重要無形文化財保持者に認定されました。その後も文化勲章を受章するなど、多くの栄誉を受けました。1961年には日本民藝館の第2代館長として活動し、1977年には益子参考館を開館しました。1978年、益子で亡くなり、享年83歳。彼の一生は、日本と欧州の技術を融合させることで独自の陶芸スタイルを確立したことで特筆されます。

民芸陶器、縄文象嵌について

大正末期から柳宗悦らによって推進された民芸運動は、全国の民窯の存在を広く知らしめました。これらの窯は地域固有の材料や技法を使い、地元の日用品を作っており、近代的な工芸技術の発展する中で、その伝統的な技法と素朴な作風は特に重要な価値を持っています。例として、栃木県の益子焼は、江戸末期に開窯され、地域特有の材料を使用して特色ある作品を作り出しています。地方特色を持つ伝統窯技を基に、地方民窯の維持と発展に貢献する作家の中で、浜田庄司の陶芸は、民芸陶器の技法を高度に体得し、伝統工芸分野で特に高い芸術的位置を確立しています。また、縄文象嵌は、縄文時代の土器に見られる技法と朝鮮李朝初期の象嵌技法を組み合わせたもので、島岡達三によって現代陶芸に取り入れられ、彼の作品の価値を高めています。

島岡達三の作品の買取相場

島岡達三 塩釉象嵌縄文壷¥150,000円
島岡達三 白釉 縄文象嵌大皿¥130,000円
島岡達三  窯変象嵌縄文壷¥120,000円
島岡達三 鉄砂釉象嵌唐草文皿¥80,000円
島岡達三 象嵌赤絵草花文六角鉢¥40,000円
島岡達三 地釉象嵌縄文壷 ¥20,000円
島岡達三 塩釉ぐい呑¥20,000円
島岡達三 象嵌皿¥10,000円
島岡達三 象嵌 湯呑¥3,000円

島岡達三 買取実績

豊田市買取実績 陶磁器
【島岡達三】地釉象嵌線文手付鉢の買取実績
四日市買取実績 陶磁器
【島岡達三】白釉象嵌流文方壷の買取実績
岐阜市買取実績 陶磁器
【島岡達三】地釉象嵌縄文扁壷の買取実績
名古屋市買取実績 陶磁器
【島岡達三】灰釉象嵌縄文碗の買取実績
名古屋市買取実績 陶磁器
【島岡達三】塩釉象嵌縄文碗の買取実績