中村六郎の買取は三冬花にお任せください。

中村六郎の作品の買取は東海地方で豊富な経験を持つ三冬花にお任せください。三冬花は市場の最新動向を踏まえ、中村六郎の作品の美術市場での位置づけを考慮して、公正かつ適正な価格を提示します。お持ちの中村六郎作品の買取を検討されている場合は、ぜひ三冬花にご相談ください。私たちはお客様の貴重な作品に適正な価値を見出し、新しい愛好家とのつながりを創出します。

中村六郎の略歴 (Nakamura rokurou)

1914年岡山県備前市伊部に生まれる。
1928年旧制閑谷中学校を中退。
1945年金重陶陽に師事。
1961年「六郎窯」を築窯し独立。日本現代陶芸展及び岡山県美術展に入選。
1961年〜1963年日本伝統工芸中国支部展で三回連続受賞。
1964年岡山県美術展に再度入選。
1965年〜1972年日本伝統工芸中国支部展に入選。
1972年第三文明展に入選。
1973年NHKふる里の歌祭りに出演。
1986年伝統工芸士として認定され、同年岡山日日新聞賞を受賞。
1989年勲七等青色桐葉章を受章。

中村六郎(1914年2月4日 - 2004年4月11日)は、岡山県備前市伊部出身の著名な陶芸家で、「六さん」という愛称で親しまれていました。金重陶陽や北大路魯山人などの影響を受け、1945年から本格的に陶芸の修行を開始しました。1961年には自ら「六郎窯」を築いて独立し、1986年には伝統工芸士に認定されました。彼は特に徳利をはじめとする酒器を得意とし、その野性味溢れる作風と窯変によって現れる「中村家の緋色」と称される深い緋色が特徴です。文豪や詩人との交流も多く、彼らからの評価も高いです。息子の中村真と孫の中村和樹も陶芸家としてその道を継いでいます。六郎の作品は、その野性味と伝統的技法が融合した酒器で特に知られ、「酒器の神様」としても称えられています。

中村六郎の買取相場

作品名 work name買取価格 purchase price
中村六郎 備前 徳利¥100,000円
中村六郎 急須¥30,000円
中村六郎 ぐい吞み¥20,000円
中村六郎 皿¥10,000円
他作品出来不出来によって1万円以下もございます。

中村六郎 買取実績

岐阜市買取実績 陶磁器
【中村六郎】備前窯変徳利の買取実績