無形文化財『民芸陶器』島岡達三作品を探しております。高価買取いたします。

民芸陶器(縄文象嵌) 島岡達三 大正8年生 (平成8年認定)

昭和16年 東京工業大学窯業学科卒業

昭和21年 浜田庄司に師事

昭和25年 栃木県窯業指導所に勤務(~同28年)

昭和28年 益子に窯を築いて独立(同29年初窯)

昭和57年 国際交流基金の依頼でカナダ巡回講義、五か所で個展開催

平成元年 栃木県立美術館の「益子を築いた陶芸家たち」展に招待出品

平成4年 「日本の陶芸—今 一○○選展」パリ展及び国内巡回展(NHK等主催)招待出品

平成6年 日本陶磁協会賞金賞受賞

平成8年 重要無形文化財「民芸陶器(縄文象嵌)」保持者

平成11年 勲四等旭日小綬章受章

「大正8年東京で三代続く組紐師を業とする家に生まれ、東京工業大学窯業学科卒業後、出征。戦後復員して浜田象二(雅号浜田庄司)に師事した。同28年江戸時代末以来の民窯の地益子に窯を築いて独立、さらに研鑽を重ねて伝統的な民芸陶器(縄文象嵌)の技法を高度に体得した。「益子の土と釉薬を用いる制作を基盤にし、民芸の健やかな陶器作りの精神を受け継ぐとともに、組紐を器面に転がして押痕をつくり、そこに化粧土を埋める独自の縄文象嵌技法を確立。その技法を駆使して展開される穏やかで現代感覚に沿った作風は、民芸陶器の芸術的、工芸的価値を一層高め、国内外で高く評価されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です