重要無形文化財『備前焼』藤原雄作品を探しております。高価買取いたします。

備前焼 藤原雄 昭和7年生 (平成8年認定)

昭和30年 父・藤原敬二の助手として備前焼の修業を始め、陶芸の道に入る

昭和36年 社日本工芸会正会員

昭和51年 「古備前と藤原啓・雄父子展」(フランス、ベルギー、スイス)開催

昭和55年 岡山県指定重要無形文化財「備前焼の製作技術」保持者」

昭和63年 社日本工芸会理事及び中国支部幹事長

平成元年 「備前一千年、そして今「藤原雄の世界展」(岡山)開催

平成2年 芸術選奨文部大臣賞受賞東京国立近代美術館他主催「心と技「伝統工芸名品展」北欧巡回展及び帰国展に招待出品

平成3年 「焼き締め陶公募展」実行委員長(同六年)

平成8年 重要無形文化財「備前焼」保持者

昭和7年岡山県備前市に生まれ、明治大学文学部を卒業後、父・藤原啓二(雅号 藤原啓)のもとで備前焼の修業を始め、その後もさらなる研究鑽を積んで、伝統的な備前焼の技法を高度に体得した。
伝統を重んじ、素朴で力強い鎌倉、室町、そして桃山の備前に制作の基盤を置きながら旺盛な作陶活動を続け、清新な感性に溢れた作風を追求した。特に、壷や深 鉢等の作品は力強く、ゆったりとした存在感を持ち、伝 統の上に近代感覚を盛り込んだ作品として高く評価されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です