上村淳之の買取は三冬花にお任せください。

上村淳之作品の買取は、三冬花にお任せください。東海地方で広く扱われている上村淳之の作品を、当店で評価し買取いたします。市場の動向に基づいて、上村淳之の作品の価値を反映した公正な価格をお客様に提案いたします。お持ちの上村淳之作品の買取をご検討の場合は、三冬花にぜひご相談ください。お客様の貴重な作品に対し、適切な評価をいたします。

上村淳之の略歴 (Uemura atsushi)

1933年4月12日京都に生まれる。本名:淳
1959年京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)専攻科を修了
1980年創画会賞受賞
1992年京都府文化賞功労賞受賞
1995年日本芸術院賞受賞
2005年紺綬褒章受章
2010年平城京跡第一次大極殿内壁画制作
2011年京都府文化賞特別功労賞受賞
2020年旭日中綬章受章
2022年文化勲章受章

上村淳之は上村松篁の子として京都市に生まれ、京都市立芸術大学の名誉教授であり、元京都市立美術大学の教授・副学長を務めました。日本鳥類保護連盟奈良研究所の所長であり、奈良市に在住しています。

京都小学校の特別科学学級で伊丹十三と同級生でした。父と同様に花鳥画を描き、祖母の上村松園と共に親子三代で日本芸術院会員となっています。彼はまた、松園、松篁、淳之三代の作品を展示する松伯美術館の館長も務めています。

2013年に文化功労者、2022年に文化勲章を受章し、松園と松篁も昭和時代に文化勲章を受章しており、親子三代での文化勲章受章となります。花鳥画の第一人者として、斬新な造形と色彩感覚、独自の世界観で数多くの優れた作品を生み出しており、その作風は国内外で高く評価されています。

京都市立芸術大学の副学長として後進の育成にも力を注ぎました。また、京都市学校歴史博物館長として、地域と共に取り組んだ教育の歴史や日本画・花鳥画の魅力を発信し、京都の文化芸術の振興と教育史の継承に多大な貢献をしています。

父、上村松篁について

上村松篁(しょうこう)(1902-2001)は、大正、昭和、平成の時代を通じて京都で活躍した画家です。母である日本画家の上村松園の影響を受け、小さい頃から絵を描くのが好きで、京都市立美術工芸学校に入学し、さらに同絵画専門学校へ進みました。幼少期、絵を描くこと以上に好きだったのは金魚や小鳥を眺めることでした。6歳の時、鳥カゴから飛び出した文鳥が緑鮮やかな楓の中にいるのを見て、その美しい光景に感動し、これが花鳥の美に魅せられた最初の体験だと語っています。こうして花や鳥を生涯のモチーフとすることになり、母・松園とは異なる道を歩みましたが、母が格調高い女性像を追求したように、松篁も格調高い鳥の姿を追い求めました。

彼は鳥の写生に強いこだわりを持ち、「鳥の生活を理解しなければ、鳥は描けない」と言い、鳥の観察のためにインド、オーストラリア、東南アジアなどを旅行しました。また、奈良市郊外のアトリエの敷地に大規模な禽舎を設け、1,000羽を超える鳥を飼育し生涯観察を続けました。彼の死後、この禽舎は息子の上村淳之が管理しています。

松篁は徹底した写実の筆で格調高い作品を数多く描き、1984年に文化勲章を受章しました。母である美人画の第一人者、上村松園も文化勲章を受けており、親子二代にわたる受章となりました。リアリズムの影響を受け、徹底した写実の中に美しさを描き出すことを模索しました。アトリエには鳥小屋を設けて280種類、1200羽の鳥を飼育し日々スケッチを続けました。

上村淳之 買取実績

一宮市買取実績 絵画
【上村淳之】版画の買取実績