三代山田常山の買取は三冬花にお任せください。

三代山田常山作品の買取は、三冬花にお任せください。お客様の貴重な作品に対し、適切な評価をいたします。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

三代山田常山の略歴 (Yamada jozan)

1924年愛知県常滑に生まれる。本名は稔
1941年愛知県立常滑工業学校窯業科卒業在学中より、祖父・初代山田常山に師事
1946年父・二代山田常山に師事
1958年第五回日本伝統工芸展初入選
1961年三代山田常山を襲名
1963年社日本工芸会正会員
1994年平成五年度日本陶磁器協会賞受賞・愛知県指定無形文化財「陶芸ロクロによる手造り朱泥急須技法」保持者に認定
1996年勲五等瑞宝章受章
1998年重要無形文化財「常滑焼・急須」保持者に認定
2005年死去

愛知県常滑市に生まれた三代山田常山は、祖父である初代山田常山と父である二代山田常山から伝統的な朱泥急須造りの陶芸技法を学びました。三代山田常山を襲名した後、轆轤技術の向上に努め、技法と表現の研究を重ねて常滑焼(急須)の技法を習得しました。彼は朱泥、真焼、梨皮泥などの胎土の水簸精製から轆轤成形、焼成に至るすべての工程に精通しており、「新しい形の創出」を目指して多様な形態を追求しています。その作風は風格と芸術性を兼ね備え、高く評価されています。

常滑焼(急須)について

常滑焼の急須は、愛知県知多半島の炻器粘土を使用し、伝統的な轆轤成形技法で作られています。この地方の陶磁器製造は平安時代中期に遡り、中世には無釉または自然釉の陶器を量産していました。江戸時代には日用品として徳利や鉢なども焼かれ、窯業が発展しました。江戸末期には中国の急須を模した煎茶用急須の製造が始まり、明治時代にはさらに精巧な急須が作られるようになり、常滑焼は多くの名工を輩出しました。常滑焼の急須は、真焼、白泥、朱泥など様々な種類があり、特に朱泥は鉄分が多く含まれており、赤く美しく焼き上がります。成形は身、蓋、注口、把手を別々に成形し接合する高度な技術が求められます。第二次世界大戦後は、製造工程の効率化が進みつつも、伝統技法の保存が重視されています。また、急須には「茶瓶」「茗壺」「茶注」「きびしょ」といった異称もあります。

山田常山 買取実績

名古屋市買取実績 陶磁器
【三代山田常山】常滑焼朱泥茶器の買取実績
名古屋市買取実績 陶磁器
急須 買取
【三代山田常山】常滑朱泥茶注の買取実績

陶磁器は製造技術、歴史的背景、美的価値の面で多様な価値を持ち、愛好家やコレクターにとっては日用品を超える芸術作品とされています。この記事では、陶磁器の主要な種類とその特別な価値について解説します。また、三冬花では愛知県名古屋市、岐阜県、三重県、滋賀県で陶磁器の買取を行い、その価値を見出しています。

陶器と磁器と土器の違い

伝統的な陶磁器には、磁器、陶器、土器があります。磁器は高温で焼成されることで知られ、その透明感と強度で価値を見出されます。陶器は磁器よりも低い温度で焼成され、その温かみのある質感が魅力です。土器は最も古い陶磁器の一種で、素朴な美しさを持っています。

備前焼について解説
常滑焼について解説

地域ごとの特色と価値

日本各地には特色ある陶磁器が存在し、それぞれに独特の価値があります。例えば、有田焼はその絢爛豪華な装飾で知られ、九谷焼は色彩の鮮やかさが特徴です。地域ごとの陶磁器を知ることは、その価値を理解する上で不可欠です。

陶磁器の価値を高める要素

陶磁器の価値は、その保存状態、希少性、歴史的背景によって大きく変わります。完璧な状態を保っているもの、限定生産されたもの、あるいは歴史的に重要な時期に製造されたものは、特に高い価値を持ちます。

陶磁器の用語≫

【藍九谷 あいくたに】

染付の九谷焼の意味であるが、実際は有田焼諸窯の初期から中期にかけての染付を誤認して呼んだものである。

【菖蒲手 あやめで】

陶工加藤唐九郎の命名による黄瀬戸の一種。釉下に線刻で菖蒲の文様を描き、その部分に銅緑色と褐色の彩釉で斑文を出して色彩効果を出す。釉調が油揚のような肌を呈することから油揚手とも呼ばれる。

【出雲焼】

江戸時代、出雲(現:松江市)で焼かれた陶器。布志名焼(ふじなやき)と楽山焼(ぎょうざんやき)とを総称していう。

【稲刷毛目 いなはけめ】

李朝刷毛目の器のうち、特に濃い刷毛目のものをいう。どうして稲というかは不明である。

【伊万里焼 いまりやき】

江戸時代に佐賀県有田町で焼かれた磁器の総称。古伊万里、または単に伊万里ともいう。製品の多くが伊万里の港から出荷されたため古くからこの名がある。文禄・慶長の役に際して朝鮮から連れてこられた陶工李参平が有田町泉山に白磁鉱を発見、1616年わが国最初の磁器が作られたという。近現代の作品は時代を区別して有田焼という。

【雲助徳利 うんすけとっくり】

九州、山陽地方で作られた江戸時代の下手物徳利。主に雲助(駕籠かき)が焼酎徳利として使ったのでこの名がついた。単に雲助(くもすけ)ということもある。

【馬の目皿 うまのめざら】

江戸時代瀬戸で焼かれた直径20~35センチ位の下手の大皿や鉢で、淡白色の釉上に鉄釉で渦巻文様を描いた。その渦巻文様が馬の目に似ているということからこの名がついた。民芸運動の中でも取り上げられて注目されるようになった。

【御庭焼 おにわやき】

江戸時代、諸藩の大名が自ら作陶したり、藩用の器を得るために藩庭内などに設けた(御用窯)で作らせた焼物。単に庭焼ともお楽しみ窯などともいう。

【お歯黒壺 おはぐろつぼ】


江戸時代婦人の化粧として歯を黒く染めることが流行したが、その液体鉄奨(鉄を酸化させた液)を入れた小形の壺のこと。後世花生に転用されて珍重された。

【御室焼 おむろやき】

京都仁和寺の門前で野々村仁清が正保(1644~48)頃開窯して作った焼物。 色絵技法の完成もあり、京焼を代表する窯となったが、元禄(1688~1704)の頃、 二代で廃窯となった。仁清焼ともいう。

【織部焼 おりべやき】

桃山時代の武将で利久門下の茶人でもあった古田織部の好みで作らせたといわれている美濃焼の茶陶。同種の志野焼を含めていう場合もある。彩釉や文様・形状の違いによって、黒織部・織部黒・赤織部・青織部・鳴海織部・総織部・志野織部などと区別して呼ぶ。

【堅手 かたで】

高麗茶碗の一種で、焼締って土味が堅い感じのものをいう。本来は茶碗の分類上の名称であるが最近は盃などにも用いる。

【鴨徳利 かもどっくり】

瓢形徳利の首を捻り、一部をへこませた造形の徳利。鴨が水面に浮いたような形であることからこの名がある。江戸時代中期から明治時代にかけて焼かれた小杉焼 (富山県小杉町)の徳利はこの例として有名であるが、古備前や古丹波などにもこの形を見る。

【京唐津 きょうからつ】

唐津焼をまねて京都で焼かれた唐津焼風の茶碗のこと。唐津焼本来の土俗臭がなく、都ぶりの気の利いた作行(さくゆき)である。

【楽山焼 ぎょうざんやき】

延宝年間(1673~1681)頃、長門の陶工倉崎権兵衛が萩の高麗左衛門に陶法を学び、出雲国八束郡西川津村(現:松江市) 楽山で焼いた茶碗。布志名焼きとともに出雲焼と称された。

【京斗々屋 きょうととや】

朝鮮で焼かれた斗々屋茶碗に似せて京都で焼かれた斗々屋風の茶碗のこと。斗々屋のいろいろある見所をさらに強調した作行(さくゆき)である。

【九谷焼 くたにやき】

江戸時代の石川県の九谷焼は「古九谷」と「再興九谷」に大別されるが、古九谷は十七世紀の中頃山中町九谷に開窯し、白磁・青磁・瑠璃釉磁・染付などを製作した。色絵の大 皿などで古九谷ものは九谷では未だ発見されていない。逆に同種の陶片が有田で発掘され、色絵古九谷の伊万里説も浮上し、結論は今後の更なる調査研究にゆだねられている。古九谷は本来大聖寺焼きと呼ばれていたが、十八世紀の前半に廃窯したと思われる。その後江戸時代後期に加賀藩の各地に窯業が再び興り、これらの諸窯の製品を再興九谷と呼んで古九谷と区別した。京都の青木木米や永楽和全らが来て指導にあたったともいわれ、再興九谷の中でも吉田屋窯の青手九谷と宮本屋窯の金襴手 (八郎手ともいう)はその二大様式として現代の九谷焼に引き継がれている。

【源内焼 げんないやき】

平賀源内(1729~1779)が香川県志度町に築いた窯で焼かれた鉢・皿・置物などの 一群の陶器をいう。鮮やかな黄・緑、紫を使った交趾焼風の軟陶で、弟子の脇田舜民や赤松松山たちの作品がほとんどで、「志度舜民」「舜民」「民」などの名を捺している。別名、舜民焼・松山焼・ 民山焼・志度焼などと呼ばれることもある。

【古瀬戸 こぜと】

尾張の瀬戸地方で鎌倉前期から室町中期にかけて作られた施釉陶器をいう。灰釉と鉄釉が用いられた。中国明代末期から清朝初期にかけて、 景徳鎮の民窯で焼かれた粗製の染付磁器。

【古備前 こびぜん】

備前焼の歴史は古く奈良・平安時代に遡るが、一般に古備前という場合窯場が現在の伊部に移った十四世紀末頃から桃山時代までの備前焼をいう。焼物としては水甕、摺鉢などが主なものであったが、桃山時代に至り茶器や置物なども作られるようになった。

【国焼 くにやき】

瀬戸以外の諸国の窯で焼かれた茶陶の総称。わが国の陶磁史上瀬戸を本窯として、それに対比させた言葉であるが、京焼は別格として国焼には含めないのが普通である。

【高麗青磁 こうらいせいじ】

朝鮮の高麗朝時代に焼かれた青磁。中国の越州窯青磁の影響のもとに十世紀に焼造が始まり、十一~十二世紀初頭に最高級のいわゆる翡色青磁 を焼造した。また、十二~十三 世紀には独特の象嵌青磁を生み出した。

【高麗茶碗 こうらいちゃわん】

朝鮮で高麗朝末期から李朝時代にかけて焼かれ、わが国に舶載された茶碗の総称。高麗朝時代のものは少なく、ほとんどが李朝時代のものであるが、朝鮮を呼ぶ名称として古く から高麗という呼称が用いられていたことによる。室町後期、村田珠光によって茶が提唱され、それまでの中国から舶来したいわゆる唐物茶碗に替って茶湯の茶碗の中心となり、現代にまで及んでいる。桃山時代にはわが国からの注文による生産も始まり、江戸時代初期には釜山に「和館窯」 が築かれ、日本の陶工も渡って作陶し、かなりの数の高麗茶碗が作られ日本に舶来した。なお、釜山の和館窯で焼かれた高麗茶碗を御本 (見本にもとづく注文品の意味)、また、今渡り、新渡と呼び、それ以前の高麗茶碗を古渡りと呼んで区別する。 高麗茶碗は多岐に分類されるが、主なものとして井戸・刷毛目・蕎麦・堅手・柿の蔕(へた)・三島・伊羅保・熊川・斗々屋・金海・雲鶴・御所丸どがある。このうち御所丸茶碗と御本茶碗を除き、雲鶴は高麗末期から李朝初期の人参湯の湯飲みであり、他は李朝時代の庶民の食器や祭器ではなかったかと思われる。

【高麗白磁 こうらいはくじ】

朝鮮の高麗朝時代に焼造された白磁。 遺品は少ない。

【古薩摩 こさつま】

薩摩焼で桃山時代から江戸初期寛文年間(1661~1673)頃までに作られたもの。

【古刷毛目 こはけめ】

李朝刷毛目の器のうち、器の中央から上部にかけてだけ刷毛目を施したもの。刷毛目の中でも時代が古いとしてこの名がある。

【御判手茶碗 ごはんでちゃわん】

薩摩藩主島津義弘や家久が愛用した中国の銅印で刻印して焼かせた白薩摩の茶碗のこと。いわゆる御庭焼で、もっぱら臣下への恩賞品として利用されてものと思われるが、この由来には異説があり、義弘・家久親子が文禄・慶長の役(1592~1598)に従軍した折、朝鮮の地で楽しみに作らせたとする説もある。

陶磁器の買取に関するQ&A

どのような陶磁器が買取対象になりますか?

三冬花では、日本や海外の古陶磁器から現代の作家物まで、幅広い種類の陶磁器を買取対象としています。有田焼、九谷焼、伊万里焼などの伝統的な陶磁器や、限定品、署名入りの作品、珍しい現代陶磁器も高く評価します。

陶磁器の状態が悪い場合でも買取してもらえますか?

状態の悪い陶磁器でも買取は可能ですが、価値は状態によって大きく変動します。欠けや割れ、修復の有無などによって査定額が変わるため、具体的な状態を詳細にお知らせください。

買取できない陶磁器の種類はありますか?

基本的には幅広い種類の陶磁器を買取対象としていますが、偽物や著しく状態の悪い品物、一部の非常に一般的な低価値の品物については、買取をお断りする場合があります。不確実な場合は、まずはお問い合わせください。

陶磁器の買取実績

岐阜市買取実績
【佐野寛の銀製品買取相場】美術品、骨董品の買取は三冬花にお任せください。
岐阜市買取実績
【加藤賢司(トルコ青花入れ)の買取相場】焼物の買取は三冬花にお任せください。
買取実績
【鉄灯籠の買取相場】骨董品の買取は三冬花にお任せください。
買取実績
【九谷俊美「香炉」の買取相場】骨董品の買取は三冬花にお任せください。
買取実績
【加藤石春「茶碗」の買取相場】茶碗の買取は三冬花へ。
骨董品買取
【五鈷杵の買取相場】法具の買取は三冬花にお任せください。