鈴木藏の買取は三冬花にお任せください。

鈴木藏は岐阜県土岐市出身で、1953年に岐阜県立多治見工業高等学校窯業科を卒業後、父・鈴木通雄が勤める多治見市の丸幸陶苑で助手として働きました。1955年からは作家としても活動を始め、現代日本陶芸展や日本伝統工芸展で受賞し、才能を認められました。1968年に独立し、伝統的な技術を活かしたガス窯を築き、志野や織部の技法を現代に適応させた陶芸作品を創り出しました。

鈴木藏(蔵)の略歴 (Suzuki osamu)

昭和9年12月1日美濃焼の産地、岐阜県土岐市にて、釉薬の研究者である鈴木通雄の長男として生まれる
昭和28年父・鈴木通雄の指導を受けて陶土・釉薬の研究に従事。後に荒川豊蔵、加藤土師萌等に師事
昭和36年第八回日本伝統工芸展日本放送協会会長賞受
昭和37年チェコスロバキア国際陶芸展グランプリ受賞
昭和40年独立して築窯
昭和42年第一四回日本伝統工芸展日本工芸会会長賞受賞
昭和57年第二六回日本陶磁協会賞金賞受賞
昭和62年昭和六一年度芸術選奨文部大臣賞受賞
平成4年第五回藤原啟記念会賞受賞
平成6年重要無形文化財「志野」保持者に認定
平成7年紫綬褒章受章
平成18年旭日中綬章受章

志野について

志野は、桃山時代に現在の岐阜県多治見市、土岐市、可児市、笠原市にまたがる東美濃地方で焼かれた、日本独特の陶芸です。特に土岐川北側の丘陵地である大萱、大平、高根地域で焼かれたものが高く評価されています。志野の茶陶には茶碗、水指、香合、鉢などがあり、特徴はねばりの少ない卵穀色の百草土と厚くかかった白い長石釉です。様式は白天目をはじめ、無地志野、絵志野、鼠志野、赤志野、紅志野、練込み志野など多岐にわたり、酸化鉄の泥漿や黄土、白土と赤土の混合などで文様が施され、侘び茶の趣味に合った桃山時代を代表する茶陶として賞玩されています。

鈴木藏の買取相場

品名買取相場
鈴木蔵 志野 茶碗¥100,000円~¥500,000円
鈴木蔵 志野 徳利¥10,000円~¥100,000円
鈴木蔵 志野 花瓶¥10,000円~¥50,000円
鈴木蔵 織部 大壷¥120,000円
鈴木蔵 志野 向付五客¥200,000円
鈴木蔵 志野 ぐい吞み 盃¥10,000円~¥200,000円

三冬花で買取できる美術品や骨董品

【古美術品】骨董品や茶道具など幅広いジャンルのお品を査定、買取いたします。

【絵画】日本画、洋画、版画など幅広いジャンルの絵画を査定、買取いたします。

【掛け軸】日本画、書家、中国画、文人画など幅広いジャンルの査定、買取いたします。