金重陶陽の買取は三冬花にお任せください。

金重陶陽作品の買取は、三冬花にお任せください。お客様の貴重な作品に対し、適切な評価をいたします。

金重陶陽の略歴 (Kaneshige toyo)

1896年岡山県備前市伊部に生まれる。 父金重慎三郎(号:媒陽)、母竹能の長男。金重家は備前六姓 のひとつ。
1910年伊部尋常高等小学校卒業後、父について作陶をはじめる。
作風は細工物から茶陶へと向かう。
1911年食塩青の技法で煎茶器を制作。
1916年耐火度の高い棚板を考案し、窯詰めの形式を改良。父金重楳陽が死去。
1918年彩色備前を作り始め、「陶陽」の号を用いる。
1921年ドイツ式マッフル窯を作り、窯変の焼成に工夫を加える。
1922年備前で初めて宝瓶を制作し、流行させる。
1927年ドイツ式の窯と備前式の窯を折衷し、窯を改良。木炭を用いた棧切の焼成に成功。
1928年大日本博覧会に「彩色備前孔雀置物」を出品。「備前飛獅子置物」「彩色備前鬼瓦に鳩置物」を天皇陛下に献上。
1932年本格的に轆轤を使った茶器制作を始める。「土」の窯印を用いる。
1936年川喜田半泥子との交流が始まる。半泥子の千歳窯を訪れ作品制作。
1938年大阪・梅田で初個展を開催。
1942年川喜田半泥子、荒川豊蔵、十代休雪と「からひね会」を結成。備前焼技術保存者に認定。
1949年備前窯芸会を結成。
1951年「現代日本陶芸展」に「備前緋襷輪花花器」を出品。
1952年備前焼無形文化財記録保持者に認定。第1回現代日本陶展に「備前台鉢」「備前三角花入」を出品。窯印を「ト」と改める。
1954年岡山県無形文化財保持者に認定。
1956年備前焼の重要無形文化財保持者に認定。
1959年中国文化賞を受賞。東京国立近代美術館の「現代日本陶芸展」に「備前水指」を出品。
1964年ハワイ大学夏期講師に招待。ホノルルで「金重陶陽・道明二人展」を開催。「現代国際陶芸展」に「備前壺」を出品。
1966年紫綬褒章受章。
1967年天皇皇后両陛下が備前を訪れた際、御前制作。11月6日、死去。勲四等旭日小綬章を受章。

金重陶陽(本名:金重勇、1896年1月3日 - 1967年11月6日)は、岡山県備前市生まれの陶芸家です。彼は父・金重楳陽から陶芸を学び、古備前の技法を研究し、備前焼の再興に尽力しました。陶陽は「備前焼中興の祖」と称され、備前焼の価値を現代に蘇らせました。

1910年に伊部尋常小学校高等科を卒業し、作陶を始め、1918年に「陶陽」の号を使用。1932年に轆轤を使った茶器制作を開始し、1942年に「からひね会」を結成。1956年に岡山県初の備前焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

彼は北大路魯山人やイサム・ノグチなどと親交があり、備前焼を広く知らしめる役割を果たしました。紫綬褒章や旭日小綬章を受章し、1967年に71歳で逝去するまで多くの弟子を育成しました。金重陶陽の作品は、桃山時代の古備前に匹敵する土味と風合いを持ち、現代陶芸界で高く評価されています。

金重陶陽の買取相場

金重陶陽の作品の買取価格は作品によって大きく異なり、最高で200万円に達することがあります。特に緋襷、石ハゼ、などの最上級の備前焼は高額になりやすい一方で、箱やサインが無いもの、ぐい吞みや湯呑といった酒器は比較的低価格になる傾向があります。

京都国立近代美術館、国立工芸館に収蔵

金重陶陽をコレクションしているポーラ美術館はこちらから

ポーラ美術館ホームページより引用

次世代に橋渡しする価値

骨董品や美術品の査定・買取を依頼するのは、人生の中でも大きな決断の一つです。長い年月を共に過ごし、大切にしてきた品。常にご家族の傍らにあり、我が家の歴史そのものと思える品。蔵の中に眠る、先祖代々伝わる品。こうした品を託す際、価値を感じているからこそ「この魅力を理解してくれるだろうか…」「適正な価格で買い取ってもらえる?」と考えるのは当然ですし、それを依頼する業者を選ぶのは容易ではないでしょう。

骨董品や美術品にご興味のない方にとっては、「引き取ってくれればいい」という存在かもしれませんが、実在する品である以上そこには必ず価値があり、信頼できる業者を選ぶのは重要です。三冬花はお客様の大切な品を査定し、買い取りするのにあたり、本当の価値を見きわめ、誠意をもって伝え、適正な価格をお示しすることをお約束します。そのために必要なのが知識と経験です。作品や作家、歴史的背景に関する知識、買い取りから販売までの豊富な経験があってこそ、本当の価値を見きわめることができます。修行や鑑定歴も大事ですが、常に勉強が必要なのは言うまでもありません。私自身、おかげさまで多くの経験を積んできましたが、それでもご依頼にお応えするたびに発見があり、新たな知識を得る日々です。

骨董品、美術品の世界はそれだけ深く、難しいものだと感じています。インターネットの普及で過去の落札価格や買取相場が検索できるようになり、個人売買や多店舗展開の買取店も増えました。身近になったとはいえ依然として特殊な業界でもあり、実態とかけ離れた値付け、経験の浅い鑑定士の査定が珍しくないのも事実です。フランチャイズで大規模に展開すれば、人件費や広告宣伝費、店舗運営費は大きなコストとなり、ひいては買取価格にも反映されます。「いかに安く買い取るか」という発想になるのも避けられません。

骨董品や美術品の買い取りは、極端な言い方をするとお客様の資産を削ることです。私たち業者はそれを自覚し、誠意をもって仕事をする必要があります。三冬花の使命は、その品の本当の価値をみきわめ、その価値を望む方の手元まで適切につなげること。お客様の大切な品を次の世代へつなぐ、そのお手伝いをしています。遺るべき品を後世に遺す。お客様と三冬花の出会いが、そのきっかけになればと願っています。

店舗名美術三冬花
所在地

〒500-8347
岐阜県岐阜市松原町20番地松原マンション1階
TEL 058-337-9444

TEL 0120-772-316
1F, Matsubara Mansion, 20 Matsubara Town, Gifu City, Gifu Prefecture, 500-8347 Japan
買取・鑑定・査定のお問い合わせTEL 0120-772-316
古物商許可番号岐阜県公安委員会第531021300621号
電話受付時間9:30~17:00
定休日不定休(店舗にお越しの際は商品の仕入れ、買取業務がありますので、まずはお電話ください)

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

三冬花で買取できる美術品や骨董品

絵画

掛け軸

古美術品

【骨董品】査定買取の出張エリア

愛知県

名古屋市/一宮市/豊田市/西尾市/春日井市/小牧市/稲沢市/津島市/常滑市/豊橋市/豊川市/清須市/岡崎市/安城市/江南市/岩倉市/豊明市/日進市/北名古屋市/長久手市/東郷町/大口町/扶桑町/弥富市/あま市/大治町/飛鳥村/半田市/大府市/知多市/阿久比町/南知多市/美浜町/武豊町/碧南市/刈谷市/知立市/高浜市/幸田町/新城市/田原市/設楽町/犬山市/尾張旭市/豊山町/愛西市/蟹江町/東海市/東浦市/みよし市/蒲郡市/東栄町/瀬戸市

岐阜県

岐阜市/羽島市/各務原市/山県市/瑞穂市/本巣市/岐南町/笠松町/北方町/大垣市/海津市/養老町/垂井町/関ケ原町/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/関市/美濃市/美濃加茂市/可児市/郡上市/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/御嵩町/多治見市/中津川市/瑞浪市/恵那市/土岐市/高山市/飛騨市/下呂市

三重県

桑名市//四日市市/津市/いなべ市/木曽岬町/菰野町/朝日町/鈴鹿市/亀山市/多気町/明和町/大台町/鳥羽市/志摩市/玉城町/大紀町/南伊勢町/伊賀市/尾鷲市/紀北市/熊野市/東員町/川越町/松坂市/伊勢市/度会町/名張市/御浜市/紀宝町

滋賀県

彦根市/甲良町/多賀町/豊郷町/愛荘町/東近江市/日野町/甲賀市/竜王町/大津市/草津市/栗東市/湖南市/守山市/野洲市/近江八幡市/高島市/長浜市/米原市

静岡県

静岡市内全域(駿河区、葵区、清水区、東区、中区、南区、北区、西区、天竜区、浜北区)/熱海市/沼津市/富士宮市/伊東市/三島市/富士市/島田市/焼津市/掛川市/磐田市/御殿場市/藤枝市/袋井市/裾野市/湖西市/下田市/御前崎市/牧之原市/伊豆市/伊豆の国市/菊川市