【買取専門 三冬花】岐阜市で高見沢版画の北斎名画撰や骨董品を買取りました。

岐阜市で買い取らせて頂いた骨董品の中から北斎名画撰の浮世絵をご紹介いたします。

北斎名画撰は5万円で買い取りました。浮世絵や木版画は状態や枚数が揃っているかが査定のポイントになります。

【高見沢版画研究所】

高見沢 忠雄(たかみざわ ただお、1899年‐1985年2月17日)は日本の浮世絵複製家。

略歴
1899年に東京に生まれる。高見沢遠治の弟。慶応義塾卒業。兄の浮世絵版画複製技術を継承、1911年に高見沢木版社(現・高見沢木版研究所)を創業する。忠雄は浮世絵の復刻、木版画集の出版をし続けながら、浮世絵の研究、近世初期風俗画の研究をしている。1985年2月17日、聖マリアンナ医科大学附属病院において悪性腫瘍による心不全によって死去する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高見沢 遠治(たかみざわ えんじ、1890年11月19日‐1927年6月11日)は日本の浮世絵複製家。正しくは高見澤遠治。

略歴
東京府日本橋区日本橋横山町の出身。高見沢商店を経営する家に生まれた。慶応義塾普通部を卒業、太平洋画会研究所にて油絵を学んだ。浮世絵版画の複製に関心を示し、喜多川歌麿などの錦絵を独力で複製する。その卓越した直しの技術は画商による不正行為を呼び、1918年に自ら廃業している[要出典]。

その後、才能を惜しんだ文化財保護者の吉田幸三郎から「浮世絵保存刊行会」で複製浮世絵の制作を勧められ、会員の岸田劉生らからその高度な技術を高く評価される[1]。36歳で夭折。

『のらくろ』の田河水泡は従弟に当る[2]。 ノンフィクション作家の高見澤たか子は弟の娘(姪)に当る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です