重要無形文化財『青磁』三浦小平二作品を探しております。高価買取いたします。

青磁 三浦小平二 昭和8年生(平成9年認定)

昭和30年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業 加藤土師萌に師事

昭和39年 国立市に開窯

昭和45年 社日本工芸会正会員

昭和51年 第二三回日本伝統工芸展文部大臣賞(優秀賞)受賞

昭和61年 社日本工芸会理事(〜現在)

平成2年 東京芸術大学美術学部工芸科陶芸講座教授

平成5年 日本陶磁協会賞金賞受賞「三浦小平二の世界展」(パリ・三越エトワール)開催

平成6年 第七回MOA岡田茂吉賞工芸部門大賞受賞

平成7年 第四二回日本伝統工芸展日本工芸会保持者賞(優秀賞)受賞

平成8年 紫綬褒章受章

平成9年 重要無形文化財「青磁」保持者

佐渡無名異焼の三浦小平の長男として生まれ、父より陶芸技法の手ほどきを受ける。加藤一(雅号加藤土師萌)に師事し、伝統的な陶芸技法を学び、その後、特に青磁の技法、表現の研究を重ね、伝統的な青磁の技法を高度に体得した。青磁の中でも数多くの優品を生んだ南宋官窯の青磁を目指しながら、調査・研究を重ねて、佐渡の朱泥土の素地に青磁釉をかけるという独自の青磁技法を開拓。また、青磁技法を主体に色絵という異なる技法を組み合わせる独特の作品を生み出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です