重要無形文化財『常滑焼・急須』三代山田常山作品を探しております。高価買取いたします。

常滑焼・急須 三代山田常山(稔) 大正13年生 (平成10年認定)

昭和16年 愛知県立常滑工業学校窯業科卒業在学中より、祖父・初代山田常山に師事

昭和21年 父・二代山田常山に師事

昭和33年 第五回日本伝統工芸展初入選

昭和36年 三代山田常山を襲名

昭和38年 社日本工芸会正会員

平成6年 平成五年度日本陶磁器協会賞受賞・愛知県指定無形文化財「陶芸ロクロによる手造り朱泥急須技法」保持者認定

平成8年 勲五等瑞宝章受章

平成10年 重要無形文化財「常滑焼・急須」保持者

愛知県常滑市に生まれ、祖父初代山田常山、父二代山田常山より伝統的な朱泥急須造りを中心とする陶芸技法を習得した。三代山田常山を襲名後、轆轤技術の練磨に努め、技法・表現上の研究を重ねて、常滑焼(急須)の 技法を体得した。朱泥・真焼・梨皮泥等の胎土の水簸による精製から轆轤成形、焼成に至るすべての工程に精通し、その形態も「新しい形の創出」を目指すものであり、 また多様である。作風は風格を備え、芸術性を持つものとして高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です