無形文化財『三彩』加藤卓男作品を探しております。高価買取いたします。

三彩 加藤卓男 大正6年生 (平成7年指定)

昭和10年 岐阜県立多治見工業学校卒業

昭和43年 社日展会員

昭和55年 日展評議員宮内庁から正倉院三彩の復元制作を委嘱される

昭和58年 岐阜県指定重要無形文化財「三彩・虹彩・青釉」保持者

昭和63年 紫緩褒章受章

平成21年 社日本工芸会正会員

平成3年 日本陶磁協会賞金賞受賞

平成6年 愛知県立芸術大学客員教授

平成7年 重要無形文化財「三彩」保持者

大正6年岐阜県多治見市に生まれ、早くから父・五代加藤幸兵衛の指導を受け、陶芸技法の基礎を幅広く習得 した。その後三彩の研究・復元に携わり、技の練磨を重ねて三彩の技法を高度に体得した。ペルシャ三彩・唐三彩・奈良三彩等の研究成果をもとに、正倉院三彩・三彩復元事業に参加した後、現代感覚に沿った独自の優れた作品を発表するとともに、三彩技法の保存・伝承に尽力して高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です