「加藤卓男の買取」骨董品買取専門店が提供する安心できる評価と査定

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

加藤卓男の略歴 (Kato takuo)

大正6年9月12日岐阜県多治見市に生まれる
昭和10年岐阜県立多治見工業学校卒業
昭和43年社日展会員
昭和55年日展評議員宮内庁から正倉院三彩の復元制作を委嘱される
昭和58年岐阜県指定重要無形文化財に認定
昭和63年紫緩褒章受章
平成21年社日本工芸会正会員
平成3年日本陶磁協会賞金賞受賞
平成7年重要無形文化財「三彩」保持者に認定
平成17年1月11日死去。故人として第五回織部賞特別賞を受賞

岐阜県東美濃地方の多治見市市之倉にある江戸時代から窯元を営む家に生まれた。荒川豊蔵は一九三〇(昭和五)年に、土岐川流域での古窯の発掘ブームを目撃して育った。太平洋戦争に従軍し、終戦の年に広島で被爆し、その後十年間の闘病生活を送った。このため、一九五四(昭和二九)年の日展初入選時には既に三六歳であった。彼は健康を取り戻すと、一九六一(昭和三六)年にフィンランド政府の招きを受け、フィンランドの工芸美術学校に留学した。留学中にはペルシャを訪れ、イラン国立考古博物館で古代イスラム陶器やペルシャ三彩などに触れ、その後の陶芸作家としての方向性を見出した。一九八〇(昭和五五)年には宮内庁正倉院から正倉院三彩の鼓胴と二彩鉢の復元を委託され、その難題を克服して一九八八(昭和六三)年に鼓胴、一九八九(平成元)年に鉢を完成させた。その技術を現代陶芸の制作に応用し、独自の領域を築いていった。

三彩について

奈良の正倉院には、奈良時代に中国の「唐三彩」を手本にした五七点の陶器が保存されています。これらの陶器には、緑釉、黄釉、白釉(透明釉)の三彩を施したものの他に、緑と白の二彩や、緑・黄・白の単彩のものも含まれており、これらの低温釉を持つ陶器は「奈良三彩」と総称されます。また、「三彩」は日本で初めて使用された釉薬です。

三彩の釉薬として使われる鉛は、低温(七〇〇~八〇〇度)で珪酸と化合し、滑らかで光沢のあるガラス質の釉薬を形成します。酸化銅や酸化鉄を微量加えると緑釉や黄釉(褐釉)が得られます。低温の鉛釉には他にも、酸化コバルトを加えた藍釉(唐三彩)やマンガンを使った紫釉(ペルシャ三彩)もありますが、これらは奈良三彩には使われませんでした。

三彩の技術は、中国では紀元前二世紀の漢代に既に緑釉や褐釉が使用されており、紀元前五~三世紀の戦国時代には緑釉陶も焼かれていたとされています。一方、紀元前二世紀末には、東地中海沿岸の西アジアでも緑と褐の鉛釉陶が見つかり、低温釉の技術は、東西文化の交流があったシルクロードの研究上、興味深いテーマとなっています。日本の三彩技法は、平安中期まで緑釉のみが使われており、その後は廃絶し、桃山時代の楽焼や近世中期の色絵や交趾焼の技法などに受け継がれ、後には平佐焼(鹿児島県)や長与三彩(長崎県)などで見事な展開を見せました。

買取品目

中国陶磁器について
陶磁器について
仏像について
刀について
彫刻について
茶道具について
人間国宝について

買取店の選び方のコツはこちらをご覧ください

信頼できる買取業者を選ぶ

業者選びは非常に重要です。実績、評判、専門知識を持つ査定士がいるかどうかを確認し、信頼できる業者に依頼することが大切です。

当店の鑑定士は東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様には経験豊富な鑑定士が直接査定させていただきます。

三冬花は買取販売の専門店です

三冬花では買取したお品を、できるだけ直接お客様に小売りをさせていただきます。多くの骨董品買取業者が中間業者を介して商品を取引することで余分なコストが発生し、結果としてお客様が受け取る買取価格が低下してしまいます。しかし、三冬花では直接お客様から骨董品を買い取り、直接お客様に小売りさせていただきますので高い買取金額が可能になります。

【複数店舗の買取チェーン店の場合】

お客様 → 買取店 → 業者オークション → 販売店 → お客様

【三冬花の場合】

お客様 → 三冬花 → お客様

個人情報保護を徹底しております

盗品捜査のための警察への情報提供はいたしますが、その他お客様の情報は一切漏らしません。お客様との信頼関係をもとに三冬花は運営しております。

基本の鑑定方法はこちらをご覧ください

  • 作家作品の場合、その作家の特徴、個性が如実に表れているかどうかを判断します。
  • 細部を確認し、筆致、絵の具、紙質(絹布の質)等を見て、本物とどこが共通かを見ます。
  • 落款・印を確認し、本人の署名かどうか、また印は、本人が何歳頃に使用したものか(富岡鐵斎などは数十の印を使用した)を厳しく判別します。
  • 共箱がある場合は箱書を見ます。由緒ある作品なのか、また箱書の署名人の署名そのものも本物なのかどうかを判断します。
  • 明らかな贋物は、品位や風格、あるいは独特の大らかさに欠ける、などと簡単に判別のつく場合もありますが上記のようなポイントを押さえて真贋を判断します。これは掛け軸、陶磁器、刀剣、絵画等の鑑定にも共通する基本といってよいです。

※【箱書】陶磁器を収める箱の蓋や蓋裏に、極書(きわめがき)を署名・押印をしたもの。作家本人、または弟子などが記すことが多い。ただし偽物の箱書きもあり得るので注意が必要です。

鑑定に関するQ&Aはこちらをご覧ください

骨董品の鑑定にはどのような品物が含まれますか?

骨董品の鑑定には、古美術品、陶磁器、絵画、彫刻、古文書、古い家具、装飾品、古い金属製品など、多岐にわたる品物が含まれます。年代物の品物や、歴史的、芸術的価値があるとされるものが対象となります。

鑑定にはどれくらいの時間がかかりますか?

鑑定にかかる時間は、品物の種類や状態によって異なります。簡単な品物の査定であれば数秒でわかりますが、より詳細な鑑定が必要な品物の場合は数日から数週間かかることもあります。

鑑定結果に納得できない場合はどうすればいいですか?

鑑定結果に納得がいかない場合は、別の鑑定機関や鑑定士にセカンドオピニオンを求めることをお勧めします。複数の専門家の意見を聞くことで、より公正な評価を得られることがあります。

骨董品鑑定の結果はどれくらいの期間有効ですか?

骨董品の価値は市場の需要と供給によって変動するため、鑑定結果の有効期間は一概には言えません。一般的には、鑑定書は3~5年を目安に更新を検討することが推奨されますが、市場が大きく変動した場合や重要な新情報が出た場合は、それより早く更新が必要になることもあります。

名古屋市骨董品買取地域

中村区/北区/瑞穂区/港区/中区/東区/千種区/名東区/天白区/熱田区/南区/緑区/西区/昭和区/中川区/守山区

愛知県骨董品買取地域

一宮市/豊田市/西尾市/春日井市/小牧市/稲沢市/津島市/常滑市/豊橋市/豊川市/清須市/岡崎市/安城市/江南市/岩倉市/豊明市/日進市/北名古屋市/長久手市/東郷町/大口町/扶桑町/弥富市/あま市/大治町/飛鳥村/半田市/大府市/知多市/阿久比町/南知多市/美浜町/武豊町/碧南市/刈谷市/知立市/高浜市/幸田町/新城市/田原市/設楽町/犬山市/尾張旭市/豊山町/愛西市/蟹江町/東海市/東浦市/みよし市/蒲郡市/東栄町/瀬戸市

岐阜県骨董品買取地域

岐阜市/羽島市/各務原市/山県市/瑞穂市/本巣市/岐南町/笠松町/北方町/大垣市/海津市/養老町/垂井町/関ケ原町/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/関市/美濃市/美濃加茂市/可児市/郡上市/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/御嵩町/多治見市/中津川市/瑞浪市/恵那市/土岐市/高山市/飛騨市/下呂市

三重県骨董品買取地域

桑名市//四日市市/津市/いなべ市/木曽岬町/菰野町/朝日町/鈴鹿市/亀山市/多気町/明和町/大台町/鳥羽市/志摩市/玉城町/大紀町/南伊勢町/伊賀市/尾鷲市/紀北市/熊野市/東員町/川越町/松坂市/伊勢市/度会町/名張市/御浜市/紀宝町

滋賀県骨董品買取地域

彦根市/甲良町/多賀町/豊郷町/愛荘町/東近江市/日野町/甲賀市/竜王町/大津市/草津市/栗東市/湖南市/守山市/野洲市/近江八幡市/高島市/長浜市/米原市

静岡県骨董品買取地域

静岡市内全域(駿河区、葵区、清水区、東区、中区、南区、北区、西区、天竜区、浜北区)/熱海市/沼津市/富士宮市/伊東市/三島市/富士市/島田市/焼津市/掛川市/磐田市/御殿場市/藤枝市/袋井市/裾野市/湖西市/下田市/御前崎市/牧之原市/伊豆市/伊豆の国市/菊川市

愛知県掛け軸買取地域

一宮市/豊田市

投稿者プロフィール

三冬花 谷崎未来
三冬花 谷崎未来
東京京橋の画廊、名古屋の骨董店であわせて10年以上勤務し、20年以上、骨董品や掛け軸、美術品の買取業務に携わっております。骨董品、掛け軸、美術品の査定買取は三冬花にお任せください。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県のお客様はお気軽にお問い合わせください。出張料、査定料など一切無料です。(※内容によってはお伺いができない場合もございます)
三冬花では価値ある美術品や骨董品を次世代へ橋渡しをする仕事をしております。