重要無形文化財『白磁』 井上萬二作品を探しております。高価買取いたします。

白磁 井上萬二 昭和4年生 (平成7年認定)

昭和20年 十二代酒井田柿右衛門、奥川忠右衛門に師事

昭和43年 第一五回日本伝統工芸展入選

昭和46年 社日本工芸会正会員

昭和53年 全国伝統的工芸品展通商産業大臣賞受賞

昭和54年 「現代の名工」労働大臣表彰

昭和61年 佐賀県芸術文化功労賞受賞

昭和62年 第三四回日本伝統工芸展文部大臣賞 (優秀賞)受賞

平成21年 佐賀嘿指定重要無形文化財「陶芸白磁」保持者

平成7年 重要無形文化財「白磁」保持者

昭和4年佐賀県有田町に生まれ、12代酒井田柿右衛門及び奥川忠右衛門に師事して白磁制作を始め、制作技法の基礎を幅広く習得した。その後、佐賀県立窯業試験場に勤務しながら磁器の成形、釉薬の研究を重ね、伝統 的な白磁の制作技法を高度に体得した。
伝統技法を駆使して、造形・色調の美しさを追求した清新な白磁の作風を確立し、日本伝統工芸展等において現代感覚に沿った優品を発表し、かつ、技法の磨・保 存及び後進の指導に尽力して高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です