鉄瓶は、その美しいデザインと実用性で知られ、長い歴史を通じて多くの人々に愛されてきました。愛知県(名古屋市)、岐阜県、三重県で鉄瓶の買取を行う当社では、鉄瓶の種類と価値を正確に評価し、お客様の大切な鉄瓶を適正価格で買取ります。このページでは、鉄瓶の種類とそれぞれの価値について詳しく解説し、鉄瓶の買取に関する貴重な情報を提供します。

龍文堂鉄瓶

龍文堂は、江戸末期から昭和33年頃まで8代にわたり京都で営業した伝統ある鉄瓶製造の家系です。この家系は、初代四方龍文によって蝋型鋳造法を用いた高級鉄瓶製作の基礎が築かれ、明治から大正時代にかけて名声を高めました。夏目漱石の「吾輩は猫である」に言及されるなど、文化的にも影響を与えています。龍文堂の門下からは、近江の亀文堂を含む数多くの名工が輩出され、茶道の普及とともに多くの名品を生み出しました。

亀文堂鉄瓶

亀文堂は、初代波多野正平が京都で設立し、彼と弟の秦蔵六は龍文堂の四方安之助に師事した後に独立しました。亀文堂および龍文堂からは、多くの著名な鉄瓶作家が生まれ、その作品は今日でも人気が高く、高価で取引されています。鉄瓶の銘は一般に蓋の裏に入れられ、本家と分家の作品を区別する特徴があります。この両家は、日本の鉄瓶製作において重要な役割を果たし、その伝統と技術は今もなお価値を持ち続けています。

南部鉄瓶

日本を代表する鉄瓶で、岩手県の南部地方で製造されています。その厚みと重さが特徴で、内部には茶の味をまろやかにする成分が含まれています。

鉄瓶買取に関するQ&A

鉄瓶の買取価格はどのように決まりますか?

鉄瓶の買取価格は、その年代、製造元、デザインの希少性、状態(サビや傷の有無)、そして市場での需要によって決まります。例えば、歴史的に価値のある製造元や希少なデザインの鉄瓶は、高価買取の対象となることが多いです。また、鉄瓶の状態が良好で、使用に支障がない場合、価値が上がります。

鉄瓶を買い取ってもらう前に、どのような準備をすればいいですか?

買取に出す前に、鉄瓶の水漏れをチェックすることが大切です。一晩、水を溜めて漏れがあるか確認しましょう。

鉄瓶・銀瓶の買取実績

骨董品買取
【三冬花】名古屋市中区千代田で鉄瓶を3千円で買い取りました。
骨董品買取
【三冬花】多治見市山吹町で鉄瓶を5千円で買い取りました。
鉄瓶・銀瓶
【三冬花】関市富本町で鉄瓶を3万4千円で買い取りました。
名古屋市天白区買取実績
【三冬花】名古屋市天白区古川町で鉄瓶を2万5千円で買い取りました。
名古屋市守山区買取実績
【三冬花】名古屋市守山区で鉄瓶を2万円で買い取りました。
名古屋市東区買取実績
【三冬花】名古屋市東区飯田町でブロンズや骨董品を5万6千円で買い取りました。

【有名作家】

中川淨益・一鶴斎・名越昌晴・平田重光・東京沓谷・久田宗入斎・名越弥五郎・織田春暁(竹有斎)・道惣・惺々堂・一鳳斎・青寿堂・石黒光南・仁寿斎・高木治良兵衛・清輝堂・松尾忠久・美善堂・羽原一陽・百洗堂・山川孝次・尚美堂・北村静香・純古秦蔵六・龍文堂 安之介・金寿堂 雨宮宗・宮崎寒雉・光玉堂・金龍堂・亀文堂・日本梅泉・西垣一瑳・松栄堂・紫金堂 加藤忠三郎・金屋五郎三郎・ 佐々木彦兵衛 宗彦・龍寿堂 浄寿・角谷征一・孔雀堂・大西清右衛門・河内宗明・小泉仁左衛門・上田照房・金青堂・木越三右衛門・角谷一圭・雲色堂・畠春斎・大国寿朗・北野宗三郎・横山鶴三郎