一宮市の骨董品、美術品の買取はお任せください。出張査定も無料。

骨董品や美術品のご売却をお考えでしたら三冬花にお任せください。

一宮市で骨董品を買取します。骨董品のご売却をお考えでしたら三冬花にお任せください。一宮市は一宮城/奥城/下奈良城/大赤見城/苅安賀城/黒田城址/野府城址/吉藤城址/坪内城址/光明寺城址/河田城址/大野城址などの史跡があり、良い骨董品に出会います。三冬花では昔の頂き物の贈答品やレトロなおもちゃ、切手や古銭、刀剣や武具も買取いたします。大切なお品を丁寧に査定し、価値のある骨董品から量産品やご贈答まで高価買取いたします。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、静岡県は無料で出張査定を承ります。

出張買取は一切無料ですのでお気軽にご相談ください。まずはお電話、メール、LINEのいずれかからお問い合わせください。出張日時はお客様のご希望に合わせてご指定いただけますが、混雑時にはご希望にお応えすることができない場合もございます。

一宮市で骨董品買取をご利用されたお客様の声

※お客様にアンケートをとり一部を抜粋して記事にしております。

【一宮市 60代女性】

大切なペルシャ絨毯でしたが引っ越しを機に買取をお願いいたしました。価値の分かる方が来るのか少し不安でしたが、しっかりと価値が分かる人に見ていただき安心しました。ありがとうございました。

【鑑定士より】

ペルシャ絨毯は織目の細かさ、ノット数や産地、柄によって査定額を決められております。通常100万ノットの織目のペルシャ絨毯は最高級品と言われております。こちらの絨毯は少しシミが見受けられるものの、全体的には綺麗な柄をしていましたのできちんとした査定額を提示させていただきました。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

一宮市で買取をした商品の一例

一宮市 買取事例

愛知県買取実績
【買取事例】愛知県一宮市で買取した菊花石やレコードなどの買取実績

骨董品 買取実績

骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】砂澤ビッキの買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料
骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】北村隆の買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料
骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】村崎青園の買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料
骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】内田鋼一の買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料
骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】木村盛和の買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料
骨董品の買取は三冬花
【骨董品買取】玉置保夫の買取は三冬花へ|愛知(名古屋市)、岐阜県、三重県、滋賀県は出張無料

陶芸の著名作家をご紹介

中村六郎

中村六郎(1914年2月4日 - 2004年4月11日)は、岡山県備前市伊部出身の著名な陶芸家で、「六さん」という愛称で親しまれていました。金重陶陽や北大路魯山人などの影響を受け、彼は特に徳利をはじめとする酒器を得意とし、その野性味溢れる作風と窯変によって現れる「中村家の緋色」と称される深い緋色が特徴で「酒器の神様」としても称えられています。

三代 徳田八十吉

三代徳田八十吉(本名:徳田正彦)は、石川県小松市の九谷焼作家、二代徳田八十吉の長男として生まれました。「九谷焼は、中国の山水画や狩野派の花鳥絵など、その時代に合った絵を描いてきた。現代に生きる自分にとって魅力的なのは抽象画だ」と考え、研究を重ね宝石のように煌めくグラデーション作品として発表しました。

下記の作品を例に骨董品の査定ポイントをご紹介します

作家名無し
作品名粉彩花瓶 洪憲年製
種類中国陶磁
付属品無し
商品状態概ね良好

骨董品の査定ポイント①

  • 作家作品の場合、その作家の特徴、個性が如実に表れているかどうかを判断します。
  • 細部を確認し、絵付け、材質等を見て、本物とどこが共通かを見ます。
  • 明らかな贋物は、品位や風格、あるいは独特の大らかさに欠ける、などと簡単に判別のつく場合もありますが上記のようなポイントを押さえて真贋を判断します。これは陶磁器、刀剣、絵画等の鑑定にも共通する基本といってよいです。

骨董品の査定ポイント②

落款・窯印を確認し、本人の署名かどうか、また印は、本人が何年頃に使用したものかを厳しく判別します。

骨董品の査定ポイント③

書付がある場合は箱書を見ます。由緒ある作品なのか、また箱書の署名人の署名そのものも本物なのかどうかを判断します。

※【箱書】極書(きわめがき)を署名・押印をしたもの。作家本人、茶人、または弟子などが記すことが多い。ただし偽物の箱書きもあり得るので注意が必要です。

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

一宮市の骨董品、古美術品に関するQ&A

一宮市で有名な古美術品はありますか?

鎌倉時代に彫られた重要文化財の木造大応国師坐像が一宮市妙興寺にあります。「大応国師」とは、鎌倉時代の高僧・南浦紹明の諡号で本像は国内に伝わる禅僧の肖像彫刻の中でも極めて優れた造形がみられます。

どんなものが査定対象なのか

美術三冬花ではご贈答品から骨董品、掛け軸、絵画、工芸品、民芸品、おもちゃ、武具、甲冑、刀まで幅広く買い取ります。この他にも古い物、面白い物、なんでもお問い合わせください。一宮市ですと繊維が盛んであったため古い織機や着物の染につかう伊勢型紙など買取しております。骨董品や掛け軸や絵画や茶道具の買取はお任せください。

一宮市の歴史は?

平安時代末期以降に真清田神社は尾張国で一宮の地位にあったとされ、これは現在の一宮市の市名の由来にもなっています。また一宮城 は、安土桃山時代の日本の城で1532年に築城されたといわれています。そのような歴史がある地域ですので価値がある骨董品が眠っているかもしれません。

買取品の一例

骨董品、現代アート、版画、古陶磁器、オブジェ、ブロンズ、彫刻、銀瓶、鉄瓶、仏像、仏画、浮世絵、根付、犀角、朱泥急須、茶壷、茶托、香炉、香合、香木、古硯、古墨、印材、書画、墨跡、屏風、巻物、画帖、画集、古地図、和綴じ本、古文書、茶碗、茶杓など茶道具全般、バカラ、マイセン・ウェッジウッドなどの洋食器、三味線、笙、琵琶、尺八琴、和太鼓などの和楽器、ペルシャ絨毯、ガラス製品、薩摩切子、江戸切子、ギヤマン、蒔絵の漆器、お盆、碗、堆朱、花台、倶利、螺鈿、硯、墨、筆、印材、七宝焼、古銅、時計、鎧、兜、甲冑、鍔、武具類、軍刀、勲章、軍服、薙刀、短刀、火縄銃、犀角、蓄音機、オルゴール、珊瑚、翡翠、菊花石、孔雀石、鑑賞石、古銭、金貨、メダル、切手、和楽器、着物、鉄道グッズ、レトロな玩具、船箪笥や水屋箪笥

査定、買取のご相談はこちらから0120-772-316買取、査定はお気軽にご相談ください。

メール・写真でのお問い合わせはこちら MAIL:santouka@tanizaki-art.com

骨董品・茶道具の買取品目

三冬花で買取できる美術品や骨董品

【絵画】日本画、洋画、版画など幅広いジャンルの絵画を査定、買取いたします。

【掛け軸】日本画、書家、中国画、文人画など幅広いジャンルの査定、買取いたします。

骨董品・美術品の用語や説明

中国陶磁器について
陶磁器について
仏像について
刀について
彫刻について
茶道具について
人間国宝について
掛け軸について