漫画のルーツ?(骨董品・美術品買取 三冬花・岐阜・愛知・三重・名古屋)

こんにちは。スタッフのYです。

先日『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が日本における累計興行収入が400億円を突破し、日本での歴代トップの作品になりました。

6月16日にはBlu-ray/DVDが発売されるとのことなので、こちらも記録的な売り上げになりそうですね。大人でも楽しめる漫画なのでぜひとも劇場へ足を運びたいです。

さて、漫画のルーツとも言われる国宝「鳥獣人物戯画」。

京都市右京区栂尾(とがのお)にある高山寺(こうさんじ)に伝わる紙本墨画の絵巻物です。

甲乙丙丁4巻からなっており、甲乙巻が平安時代の後期、丙丁巻は鎌倉時代の2つの時代を経て描かれたと考えられていますが、誰が何の目的で描いたのかははっきりわかっておらずまさにミステリアス!

日本ではもちろんのこと世界的にも有名で、ウサギやカエルが描かれている甲巻は「教科書で見たやつ~!」の一つですね。

鳥獣戯画が漫画やアニメーションのルーツといわれる理由は、現代の漫画に用いられる技法が鳥獣戯画の中でも使われているからです。同じ登場人物の異なる時間の流れを同じ空間に描くことで時系列を表現する技法や、ストーリーが展開されている点、効果線や吹き出しなど漫画に独自に用いられる技法もふんだんに使われています。

約800年前の作品とは思えないほどモダンで粋な魅力が詰まっていますね。

そしてまだまだ謎解きは続きそうです。

今宵もビール片手に鳥獣戯画…ではなく本日は煉獄さんに会いに行こうと思います。

特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」~6月20日(日)まで

全四巻(全長約44m)一挙大公開!ギガアツイ!!

こちらも全長44m

出典:福井県池田町いけだ農村観光協会ホームページより引用

スリル満点!!

お客様のライフスタイルの変化、住宅事情の変化でご不要になった骨董品・美術品の買取は三冬花谷崎美術にお任せください。岐阜・愛知・三重・名古屋の買取専門店。掛け軸、絵画、茶道具、骨董品を買取ります。

Hello. This is Y from the staff.

The other day, “Theatrical Version” Kimetsu no Yaiba “Infinite Train Edition” has exceeded 40 billion yen in cumulative box office revenue in Japan, making it the top work of all time in Japan.

It is said that Blu-ray / DVD will be released on June 16th, so it seems that this will also be a record sales. It’s a manga that even adults can enjoy, so I definitely want to go to the theater.

By the way, the national treasure “Choju-jingai”, which is said to have the roots of manga.

This is a picture scroll of a paper book ink painting that is handed down at Kozanji Temple in Togano, Ukyo-ku, Kyoto City.

It consists of 4 volumes of Kootomaki, and it is thought that Kootomaki was drawn through the latter half of the Heian period and Kootomaki was drawn through two periods of the Kamakura period, but it is clear who drew it for what purpose. Just mysterious!

It is famous not only in Japan but also in the world, and the Komaki with rabbits and frogs is one of the “guys I saw in the textbook!”

The reason why Choju-Giga is said to have its roots in manga and animation is that the techniques used in modern manga are also used in Choju-Giga. Techniques for expressing time series by drawing different time flows of the same character in the same space, points where stories are developed, techniques unique to manga such as effect lines and speech bubbles are also used abundantly.

It’s packed with modern and stylish charm that you can’t think of as a work about 800 years ago.

And it seems that the mystery will continue to be solved.

Tonight, I’m going to see Purgatory-san today instead of a bird and beast caricature with a beer in my hand.

Special exhibition “All about Choju-Giga, a national treasure” -until June 20 (Sun)

All four volumes (total length about 44m) are released at once! Giga hot! !!

This is also a total length 44m

Thrilling! !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です