重要無形文化財「彫金」金森映井智作品の買取をいたします。

「彫金」 金森映井智 (榮一) 明治41年生 (平成元年認定)

昭和3年 富山県立高岡工芸学校彫金科卒業・彫金家内島市平に師事

昭和8年 第一四回帝展入選

昭和16年 富山県立高岡工芸学校講師・第四回文展入選

昭和24年 富山県美術連合会理事

昭和32年 日本伝統工芸展入選

昭和51年 第二三回日本伝統工芸展優秀賞

昭和52年 第二四回日本伝統工芸展鑑査委員

昭和55年 勲四等瑞宝章受章

昭和56年 社日本工芸会理事

昭和60年 日本工芸会第一回保持者選賞

平成元年 重要無形文化財「彫金」保持者

富山県立高岡工芸学校彫金科を卒業後、彫金家内島市平に師事して幅広い伝統的な金工技術を修得。彼の技法は、主として、鋳銅等の素地を金、銀を用いた各種の線象嵌や布目象嵌で加飾するもので、独自の幾何学的な 模様を基調に、鋳物の肌のもつ優美な持味を引立て、器物の簡素な造形美を追求するところにある。地元高岡の銅器制作より会得した伝統的金工技術を生かしながら、現代感覚に溢れた重厚な作風を示し、芸術性豊かな独自の境地を開いたものとして高く評価されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です