【色絵磁器】富本憲吉、加藤土師萌、藤本能道、十三代今泉今右衛門、十四代酒井田柿右衛門、十四代今泉今右衛門
【小石原焼】 福島善三
【鉄釉陶器】石黒宗麿、清水卯一
【無名異焼】五代伊藤赤水
【民芸陶器】濱田庄司
【釉裏金彩】吉田美統
【志野】荒川豊蔵、鈴木藏
【瀬戸黒】荒川豊蔵、加藤孝造
【常滑焼】 三代山田常山
【萩焼】三輪休和(十代三輪休雪)、三輪壽雪(十一代三輪休雪)
【彩釉磁器】 三代徳田八十吉
【備前焼】金重陶陽、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳
【青磁】三浦小平二、中島宏
【唐津焼】中里無庵
【染付】近藤悠三
【青白磁】塚本快示
【民芸陶器】島岡達三
【琉球陶器】金城次郎
【三彩】加藤卓男
【鉄絵】田村耕一
【白磁】井上萬二
【練上手】松井康成

『指定技術 陶芸』
【萩焼】(昭和45年指定)萩焼は、文隊・慶長の役以後、毛利藩の庇護のもとに、現在の山口県萩市松本に開業され、のち同県内の長門市深川などに伝播定着したもので、朝鮮の技法・様式をよく伝えている。萩焼、とくに萩茶碗は、その手どりのほどよい重さ、釉調の味わいなどによって古くから茶陶の中の優品として賞用されている。

【鉄釉陶器】(昭和30年指定)鉄釉陶器は釉薬中に含まれている鉄分(酸化鉄)によって、黒色・黒褐色・茶色・柿色などに呈色する陶器のことで、天目釉とも呼ばれている。中国宋時代の天目が有名だが、わが国では鎌倉・室町時代以降、全国各地で制作さている。

【琉球陶器】(昭和60年指定)中国・朝鮮・薩摩などの技法を導入し、沖縄風に融合したもので、十七世紀以来、壺屋を中心として生産されている。陶土や釉などに地元の素材を用い、器形、装飾技法とも、独特のおおらかで明るい美しさの特徴がある。

【色絵磁器】(昭和30年指定)磁器の表面に赤・黄・緑・紫等の色絵具で文様を表現する技法で、わが国の陶芸の重要な分野で多くの優れた作家を生み、世界的に高い評価を得ている。

【練上手】(平成5年指定)練上手は、わが国の伝統的な陶芸技法の一つである。その工程は、色や濃淡の異なる色土を練り合わせたり、積み上げたりして器形を作り、縞文、木理文等を表現するものであり、性質の異なる二種類以上の陶土を用いることから、焼成上とくに高度の技量、経験等が要求される。練上手は、中国・唐代から始められた技法と伝えられ、宋代磁州窯系の練上陶器が世に知られ ている。わが国においては桃山期の作例が残されており、近世 には、常滑、万古等の各業で制作されている。近代、現代においても、練上手技法を駆使した作陶活動が行われており、器物の素地と装飾を一本化する技法として、歴史的にも芸術的にも 価値の高い工芸技術といえる。

【志野】(昭和30年指定)桃山時代にできたわが国独特の焼き物で渋くて柔らかい味いを持ち、古来から茶人が最も珍重しているものの一つ。胎土は白色の志野特有の百草土で、釉薬には純粋な石が用いられ、文様の無地志野、釉下に簡素な鉄絵の文様のある絵志野、象嵌風の鼠志野などがある。

【白磁】(昭和58年指定)陶石や磁土を主原料として成形し、その上に長石・石灰等に木灰を調合した透明釉をかけて焼成する陶芸技法あり、その白の発色は素地の白さに追うところが大きい。胎土の調合、轆轤または型打ちによる素地の成形・仕上げの後、素焼き、釉掛け、本焼き等の工程を経て制作され、彫文様等の素地装飾や緑釉等が併用されることもある。技法は中国の南北朝後期に始まるといわれ、北宋時代の定窯では多くの優品が制作されている。わが国では、近世初期の初期伊万里以来、各地で焼成され、現代に及んでいる。 白磁は、磁器の基本的技術として工芸史上重要であるとともに、芸術的にも価値の高い伝統的な陶芸技法として評価されるものである。

【三彩】(平成7年指定)三彩は、緑・黄・藍などの低火度の色釉を施した陶器の制作技法であり、中国・漢代に始まったとされ、唐代にその技法が完成した。わが国では奈良時代に緑・黄又は褐色・白の奈良三彩が唐三彩に伽い焼成されており、その最古の伝世品として正倉院三彩があり、また、各地の遺跡からも多くが出土している。釉薬は、媒溶剤として鉛を用い、これに銅、鉄分等を呈色剤として加えることにより、緑や黄又は褐色等を発色させる。三 彩はわが国初期の施釉陶器制作技法として史上重要な地位を占め芸術的にも価値の高い工芸技術である。

【備前】(昭和31年指定)現在の岡山県備前市を中心に発展してきた、わが国で最も古い伝統を持つ陶芸技法。鎌倉時代頃から始まり、最盛期の桃山時代には豪放で雅趣に富んだ名品を数多く生み出した。備前焼の陶土は、この地方特有の鉄分の多い土を原料としており、釉薬を用いない焼締めによる焼成方法が特色。大正時代末頃から、桃山時代の作調を模範とした芸術的作風が興り、今日の主流となった。

【民芸陶器】(縄文象嵌・平成8年指定)大正時代末期以来、柳宗悦を中心に河井寛次郎、浜田庄司らによって推進された民芸運動は、全国各地の民窯の存在を広く知らしめるところとなった。これらの民窯は、その土地特有の原材料や技法などを使い、主にその地方の需要を満たす日用雑器を造っていた。その民窯の持つ伝統的技法と健康的で素朴な 作風は、現在の伝統工芸の分野において貴重な地位を占める。 そのような、全国各地の民窯における、伝統的制作技法を基盤 として、縄文土器の季朝三島手の融合という創意工夫が加えられた民芸陶器(縄文象嵌)の技法は、陶芸分野の中で高く評価されている。

【青磁】(平成9年指定)中国で生まれ発達した、東洋独特の釉薬を用いる伝統的陶芸 技術法の代表的なものである。還元焼成による素地と釉薬に含 まれる微量の鉄分の働きで青磁色が得られる。わが国では江戸時代初期に肥前地方で制作が開始され、以後、京都や兵庫県三田などに伝わる。

【彩釉磁器】(平成9年指定) 本焼きした磁胎に色釉を施し、焼き付ける陶芸技法である。 特色は色釉の持つ美しさを濃淡や色彩の対比などによって表現するところにある。わが国では江戸時代以降、有田や九谷などにおいて用いられてきた。

【常滑焼】(急須・平成10年指定)愛知県・常滑地方で得られる原料土を生かした轆轤成形による伝統的な急須制作技法である。滑の急須は、素地土・焼成方法の違いにより、朱泥、烏泥、紫泥、梨皮泥、南蛮、真焼等に分類されるが、いずれも、水簸による胎土の精製の手間と、極めて高度な轆轤技術が要求される。